Welcome to E30.JP

出走予定表

Welcome to E30.JP

出走予定表

ウィキッドアイズ新馬戦

ウィキッドアイズが東京の新馬戦でデビューしましたが8着に敗退。直線囲まれて進路が全く無く追うことが出来ず消化不良MAXのレースでした。 シュミノーが下手くそなのもありあすが、柴田大知は直前の4Rの報復か何か知りませんが隊列決まってから捲っていってウィキッドアイズの外に蓋するような位置でピタッと止まって直前もずっと蓋したまま。そんなことわざわざ一生に一度の新馬戦でしますかね?ちょっと神経疑います。まぁ報復の可能性ある中シュミノーの無策がダメなのはダメなのですが。全力で走れなかったお馬さんが一番かわいそうだったですね。 ウィキッドアイズの精神面は少し心配ですが、次走はノビノビ走って実力発揮してほしいですね。 (more…)

デランブル能力試験

川崎の内田勝厩舎に入厩後、順調に調整されているデランブルが、能力試験を受け800mを50.4秒の1着で合格しました。50秒台もいい感じですが、上がりも37秒台できっちり差し切り鞍上の真島騎手からは「スタートよし、砂(被っても)よし、馬込みよし」ということで上々の能力試験となりました。無事12月の川崎でデビューまで行ってほしいものです。 (more…)

ララパルーザ快勝

東京の500万下ダート1400m戦に出走したララパルーザは快勝。1000万クラス返り咲きとなりました。 内博さんが出していってもなかなか進まず中団後方待機。4角で内博さんが外に出そうとしたところ1番人気馬に蓋されたのが結果良かったですね。ララパルーザは外出すより馬群突っ込むほうが伸びるので外には出して欲しくなかったんですよね。ま、勝つ時はこんなもんです。 11月に入って地方も含め、殿、殿2、殿と大きな着順が続く悪い流れを断ち切ってくれたのも大きいですね。 (more…)

クグロフ新馬戦

クグロフが東京ダート1600mの新馬戦でデビューしましたが直線大失速、殿に敗退してしまいました。 脚元の故障かと心配しましたがなにやら酸欠みたいになったとか。まだまだ体が出来ていないのか、マイルが長かったのか。まぁゲートも出たし先行するスピードも見せたし、何よりサウスヴィグラス産駒なのでそんなに心配はしていません。次走中山ダート1200mあたりで一変あっても不思議無いでしょう。 (more…)

ブルックデイル山中湖特別快勝

ブルックデイルが10番人気の低評価をあざ笑うかのように、山中湖特別を豪快に差し切り勝ち!通算4勝目をあげてくれました。 戦前は10番人気になるほど力の差はないけどなんとか着まで、と思ってましたが「こんなに切れる馬だっけ?」と目を疑うような豪脚で差し切り、混戦の2着争いを尻目に1馬身1/2差の圧勝。これまで、あっちが痛いこっちが痛いでなあなか順調に使えなかったブルックデイルですが、ようやくしっかりしてきてくれたのでしょうかね。 残り少ない来春までの現役生活ですが、無事に更に上を目指してほしいですね。 (more…)

ララパルーザは4着

内博さん効果なのか、断然の1番人気に支持されてしまったララパルーザですが追い込み届かず4着でした。500万でも1000万でも着には来るけどまだまだ展開がはまらないとズバット頭まで来てくれないですね。一叩きして次走に期待ですね。 (more…)

ロゾヴァドリナOROカップ(M1)三連覇!!

ロゾヴァドリナが岩手県知事杯OROカップ(M1)を三連覇!やってくれました。 輸送で−15と馬体重減らしたので心配しましたが、心配をよそに4馬身差の快勝。 ロゾヴァドリナには本当に頭が下がります。 なかなか調整が順調に行かない仔なのですが、不思議と毎年OROカップにはなんとか間に合わせてくれます。 (more…)

ロッシェノワールの16 NF早来

NF早来に移動したロッシェノワールの16(父ブラックタイド)です。 左後肢の包帯は何やら外傷したらしい(確か原因言ってくれたのですが忘れちゃいました)のですが、特に心配はないようです。現在も厩舎内を鞍付けて曳き運動やっているとのこと。 (more…)

ロゾヴァドリナ惜しい5着

大井のシューティングスター賞に出走したロゾヴァドリナは果敢に逃げの手に出て最後の直線であわやの場面もつくっての5着でした。最初のコーナーで町田に無意味に絡まれたのが痛かったなぁ。それにしれてもよく頑張ってくれました。吉原さんとも相性良いですね。 (more…)

ペキノワ、フレッシュチャレンジ快勝

ペキノワが8/2のフレッシュチャレンジを快勝。デビュー戦を勝利で飾ってくれました。 能力検査のときとはうって変わって力のいる重い馬場だったので、対応できるか心配もありましたがそれも杞憂に終わり、スピードの違いを見せてくれました。 決して大物感のある勝ち方では無かったですが、ホッカイドウ競馬は一つ歯車狂うとリカバリが大変。兎にも角にもフレッシュチャレンジをきっちり勝ったことが重要ですね。 時間をかけてじっくり仕上げてくれた田中淳司厩舎には頭が下がります。 (more…)
1 2 3 48