納得いかない敗戦…

中山の牝馬限定500万下(ダ1800m)に出走したマイネフェリックスは惜しくも2着でした。

今日はブリンカーに加え耳覆いのメンコ

早めに仕掛けられた内博の6号馬が外、フェリックスが中、内に12号馬で直線に入るも、勢い付いてちょっと前に出た内博の馬が内に切れこんでくる……
実況のTVではちょうどその場面が見きれてますが、結局さあこれから!という数十メートル追えず、仕方なく外に出し猛然と差を詰めるも内博の馬にクビ差迫ったところがゴール。

フェリックスは加速まで時間がかかるタイプで、直線一端手応え無いように見せてそこからまた伸びる馬。勝負どころでホント致命的な不利でした。

「総合インフォ前で会いましょう」と別れた同じくフェリックスの保護者のSさんと、総合インフォメーション階下のパトロール専用モニター前で溜息の再会……

審議のランプも点灯せず、そのまま確定って。決済はどこ見てんねん。
日本の競馬は直線後ろの馬の進路を妨害しないようまっすぐ追わないとあかんのとちゃうん?ブエナビスタ降着にしたんやろ?平場だからスルーするんかい、ホント訳解らんわ。

クラストゥス騎手「最後の直線で狭まれたのが納得いかない。あれさえなければ勝っていた。道中も聞いてたほどふわふわしてなかった。4コーナーの反応が少し鈍かったくらいだが、直線はしっかり反応していた」

保護者的に納得の行かないレースでしたが、フェリックスは最後まで諦めずによく走ってくれました。これで2戦連続ちゃんと走りました。
レベルの低いメンバーのレースとはいえそのなかでは力は見せてくれました。ここまでくると夏のクラス替えの前に1つ勝っときたいという欲が出てきます(今日がそのチャンスだっただけに勝てなかったのは痛いですが)。

まだまだ馬体は薄いですがだんだん筋肉も付いてきたように思えます。母のカレッシュは明け4歳の冬に500万下から準OPまで上昇しました。母のようにとは言いませんがさらに成長して500万は勝ってほしいなぁ。

さて、権利をとって次走選べる身ですが、牝馬限定は小倉にしかない。うーん、っと帰りの電車でレーシングカレンダー見て思ってたのですが、今改めて番組表見ると2/12に牝馬限定のダート1600m戦がありますね。
新潟では勝ってるものの東京が良いイメージが湧かないフェリックスですが、小倉への輸送よりは東京使って欲しいな。
そうするとその次ぎは因縁の3/5に出走があったりして?

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.