93年といっしょ

春から何気に思っていたことですが、とりあえず秋を前に備忘録的に。
牡牝共に今年のクラシックは93年のそれとよく似ている。


まずは解りやすい牝馬路線。
93年桜花賞、オークスとも
1着ベガ、2着ユキノビジン、3着マックスジョリー
で今年も桜花賞、オークスの1、2、3着は同じで
1着ブエナビスタ、2着レッドディザイア、3着ジェルミナル
春の2冠取った馬はいずれも松田博厩舎ですね。
次に牡馬路線
93年皐月賞は、3強と言われた中、3番手評価されたナリタタイシンが1着、ビワハヤヒデが2着。1番手評価のウイニングチケットが4着と破れ、
ダービーは、皐月賞1番手評価だったウィニングチケットが巻き返し、柴田政人が悲願のダービー制覇。既にダービージョッキーだった岡部のビワが2着。当時ダービー未制覇の豊のナリタタイシンが3着。
で、今年も3強と言われ、
皐月賞は3番手評価のアンライバルドが1着。リーチザクラウン、ロジルニヴァースは着外。
ダービーは、皐月賞1番手評価だったロジユニヴァースが巻き返し、横山典が悲願のダービー制覇。ダービージョッキーの豊リーチが2着。ダービー未制覇の岩田鞍上のアンライヴァルドが着外。
似ているという人もこじつけという人もいると思いますが。
ちなみに93年3冠の最終戦は
第18回エリザベス女王杯

第54回菊花賞

いよいよ来週から秋競馬。どんな結末が待っているか楽しみですね。
我が愛馬もたくさん元気に走って欲しいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.