良いのか悪いのか

船橋で出走したボヘミアンは7着でした。

パドックでいつも通りのんびりと…

初の1000m戦で4角まで最後方も上がりは37.1で最後まで走ってました。
さてさてこれが良いカンフル剤になったのかどうかは次走見ないとわかりませんね。。

吉田稔騎手「初めての1000mでペースの違いに戸惑っていましたが、行き脚がついてからの伸びは良かったです。1200m~1400mなら好勝負になりそうです。ただレース後、少し右トモに違和感がありました。」

右トモは毎度のことですがちょっと心配です。

さてさて社台のドラフト。中央の1位はトップガン仔で決定していたのですが、地方馬は決め手に欠ける状況…担当のSさんに電話して気になる馬の票数確認するもまだ決まらず。
そんな中ボヘミアンのレース後検量室前で、Sさんが内田勝調教師来てるから呼んできましょうか?と悪魔の一言。Sさん相変わらず営業がウマイ。気になる馬(の中でもツアーで一番気になってた仔)は内田勝師予定馬なんですよね。

で、しばし内田師と談笑。ははは、もうこれはご縁ですよね。313デュランダルっ仔。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.