サングエブルは8着

下北沢特別に出走したサングエブルは8着
今日は応援に行けず、MXの録画をチェックです。
うーん、パドックの様子はそう変わらなかったけど、そろそろお疲れなのかな。
しかし何でレース時メンコはずしたのかな?前はずしたときも走らなかったはずなのに。

レースではスタートで遅れて後方3番手からの競馬となり、直線では馬場の真中から追い込みましたが、いつもの伸びがなく1.6秒差の1分52秒0の8着に終わりました。山田騎手からは「今日はペースが遅かったのですが、それでも道中追走していくのでいっぱいになってしまい、前へ進んでいきませんでした。馬体に疲れがでてきています。」と、村上調教師からは「調教での動きが良かったので期待していましたが、山田騎手からの指摘があったように疲れが出てきています。このため、放牧に出す予定です。」とのコメントがありました。

つーことでサンちゃん放牧です。
今年1月22日に戦線復帰して以来、大井15開催連続+船橋1回の16走。
ホントによく走ってくれました。
そのうち9戦連続入着を含む、入着10回。勝利は1つだけでしたがよく頑張りました。
サンちゃん、ゆっくり休んで来年また楽しませてください。

2 thoughts on “サングエブルは8着

  1. ほんとによく頑張ってくれました!
    この丈夫さ、タフさは、大井所属の馬はこうであってほしいという見本のようです。
    来年、組が下がったところで、また口取りたいもんですね。

  2. KIGAさん、こんばんは。
    今日ちょっと厩舎によってサングエブルの様子見てきました。さすがにちょっとお疲れの顔でしたね。
    しっかり休んでまた良い走り見せて欲しいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.