やはり調教試験

門別のフレッシュチャレンジで3着失格となったユーノーマイネーム。やはり調教試験を受けないと次レースには出られないようです。

吉田稔騎手「社台ファームでの調教時よりも馬の状態が上がっていて、返し馬の時の走りも良かったので、レース前にはだいたい勝てると思っていました。スタート後に少し掛かってハミをこすってしまい、3コーナーから制御不能となりました。更に隣の馬が内へ少し入ってきたのに驚いて、外へ逃げて邪魔してしまいました。その後は馬の上でつかまっているだけの状態で、直線は凄い脚で伸びてきたので、まともなレースなら勝っていたでしょう。申し訳ありません。」

隣の馬が内へ少し入ってきたのに驚いたのは能力試験で五十嵐冬樹に前カットされたときのトラウマじゃなきゃいいけど…
ただ現地観戦されたLEON♂さんによるとパドックでもカメラのシャッター音にビビってたり、返し馬でも口向き悪かったりと彼女自身にも問題があったようですね。
ビビリの馬ならレースでもメンコぐらいつければ良かったのにね。

とにかく仕切りなおしです!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.