6着デビュー

船橋でデビューしたブラックリバイバルは6着でした。

戸崎騎手「まだ心身ともに幼く、成長途上の感じがします。外へ逃げる恐れがあるため、内へ入れて砂を被せました。最初は嫌がっていましたが、最後は慣れてきていたので次は大丈夫でしょう。勝てると思います。」
川島調教師「勝ち馬のスピードにはかなわないとみて、戸崎騎手がレースの途中から能力試験のような教える競馬に徹していました。」

東さーん、新馬戦勝たなきゃいけない馬だから夏はじっくり社台で調整じゃなかったっけ??ってのは置いといて。
ネットのVTRでしか見てませんが陣営の言ってるとおり、競馬を教えることに徹したレースでしたね。ホントは能力で1000mも克服する姿を見たかったですが。

まぁじっくり行きましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.