ボヘミアンは7着

ムンロを配して復活を期したボヘミアン。状態は良さそうに見えましたが、出遅れが響き7着でした。

テキとムンロで何やら打ち合わせ?

ムンロ騎手「ゲートの中で落ち着かず蹴っていたため、出遅れてしまいました。でも道中の感触は凄く良かったです。直線で外から馬がくると怯むところがあり、伸びきれませんでした。」

レース後検量室前に行くと、ムンロ騎手がオーナーだと気付いてくれて丁寧にレースを振り返って説明してくれました。いやーとってもいい人デス。その中で何度もGood Conditionと言って褒めてくれて、勝つ感触も掴んでくれたようです。森下師もまだまだ馬の状態は上昇途上とのことなので、次の年末の開催はちょっと楽しみですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.