だめだめ大井勢

本年の大井初陣はボヘミアン9着、カーサノーヴァ11着と全く振るわず。。

パドックで好気配を見せたボヘミアンは

踏み込み、気合も良く好気配だったが…

石崎駿騎手「前走掛かってしまったので、今日は出たなりで折り合いをつけていきました。ただ、道中のポジションが悪くなり、ペースが一番上がった3コーナーで外を回らされて脚を使ってしまったため、直線で伸び切れませんでした。」

まぁ、駿くんのヘグリに近いですな。。「レース後馬房の都合で一旦放牧に…」という調教師に、Sさん「これで放牧は納得行かないから外厩でも何でも馬房空けて使ってくれ」と強気の交渉。来ていた共有馬主の皆さんもも合わせて4人で囲んで放牧出さないでよとプレッシャーかけてっとw。
重賞取って預託馬も一気に増えたんでしょうね。巧いことやりくりしてください。
一応レポートでは「中途半端な競馬になってしまったので続戦していきます。」と書いてあるので使ってもらえるのかな?

カーサノーヴァは…英光にふられた時点で覚悟してましたが、出遅れて終わり。包まれずに外から捲っていける大外枠だっただけに乗り慣れた英光が乗ってくれなかったのは痛かったですね。

堀調教師「テン乗りでは難しい馬なのですが、もう少し前につけてほしかったです。冬場で馬体も絞れないため、次は1/30からの浦和戦を使う予定です。」

ということで中1週で浦和使うみたいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.