勝ちに行った分…

中山の3歳500万下に鞍上M.デムーロで挑んだファイブタブレットは4着でした…

ファイブタブレット
前走より引き締まった良い馬体に写りました
2度目のミルコ、頼んだよ
2度目のミルコ、頼んだよ。相変わらずこの厩舎メンコの趣味は悪い

スタートは出るもスッと行けず、大外の分のしつけて前に行って好位キープ。勝負どころの4角手前でで早めに外回して動き出す勝ちに行く競馬。4角の戸崎との競り合いも外に張られず踏ん張り、勝ち馬を捕まえに行きましたが、坂上で力尽き後ろから来た2頭にも差されてしまいました。

4角から「ミルコ!ミルコ!」と叫びすぎてレース後喉が痛い^^;;
負けはしましたが、馬の能力を信じて勝ちに行ってくれて悔いなしの一戦でした。

ミルコ・デムーロ騎手「きょうは真面目に一生懸命走っていました。勝ちに行く競馬で、勝負どころから一気に仕掛けましたが、最後はさすがに馬も疲れてしまったようです。もう少し短い距離で、1600mぐらいの方ががいいかもしれません」

矢野英一調教師「徐々に集中して走れるようになってきています。この後は放牧することも考えていましたが、馬の状態に問題がなければ、東京のダート1600m戦を使っていきます」

えーっと、東京の2100ダートとか言ってたの何処の誰だっけ?

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.