カーサノーヴァは続戦

走り次第では引退覚悟のカーサノーヴァ
ベストとは言えない1400m戦、ヤネの町田騎手もテン乗りと正直終戦を覚悟していました。

歳のせいかなかなか気配上がらず…
歳のせいかなかなか気配上がらず…

レースはスタート出足つかず後方からでしたが、直線外に出すと伸びて5着争いの7着。
「うーん、微妙だなぁ」と苦笑しながらレーシングマネージャーS氏と話しながら検量室前へ。

町田騎手「スタートで遅れてしまいましたが、その後の反応は良く、直線も予想以上に伸びてくれました。もう少しズブい馬だと思っていたのですが、乗りやすかったです。ただ、前の馬が止まらない展開となったのが、厳しかったです。」

堀調教師「年齢的なものか、中々状態が上がってこないのですが、競馬では気温が上昇して、道中の反応が良くなってきました。これであきらめようと思っていたのですが、内容が良かったので、もう一戦させてください。」

ということで、引退回避。続戦となりました。
次開催はベストのマイル戦が組まれているので、再度引退を賭けた一戦となりそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.