牧場見学その1

行きは新千歳空港着いたと思ったら、サンダーストームレベル3発令でタラップを付けられず飛行機の中で30分缶詰め。2日とも雨にたたられ、帰りは台風の影響の機材遅れとかで出発2時間半遅れ。と、ある意味思い出に残る北海道でしたが、お馬さんにたくさん元気をもらって帰ってきました。

まずは9/15の社台編から。

豪雨の中リリーバレーに到着。厩舎の中になりましたがストロングジーンとご対面。

脚の腫れも退いてさあ仕切りなおし
脚の腫れも退いてさあ仕切りなおし

まだまだウォーキングマシン始めたばかりですが両前の腫れも退き再始動です。このまま順調に行って年明けにでも帰ってきてくれれば。南関クラシック間に合うかどうかはこの仔の運次第かな。

午後はノーザンF空港。まだ脱北できないママアルパ

ようやく軌道に乗ってきたかな
ようやく軌道に乗ってきたかな

ようやく軌道に乗ってきた感じで、馬体もよくなってきました。目付きや気性的にもタニノギムレットの悪いところは出ていないと思います。1〜2ヶ月で送り出す予定とか。

初日最後は社台F。運良く雨が上がり馬を外に出してもらえました。

マンハッタンセレブの12

相変わらずの好馬体

募集馬見学ツアーで品のある好馬体に一目惚れした仔。夏を越してその印象が崩れていないかドキドキの対面でしたが、相変わらずの好印象、オーラ。ひとまずホットしました。このまま順調に行くことを願うだけです。

ダマスクローズの12

こちらはパワー型ですね
こちらはパワー型ですね

マンハッタンセレブの12を先に見て比べちゃうと流石に可哀想ですが、なかなかどうしてこちらはパワーのありそうな馬体になってきました。ツアー時の見立て通りで一安心です。

ライブリーダンスの12

ファルブラヴらしくなってきました
ファルブラヴらしくなってきました

最後に気になっている募集中馬を見せてもらいました。ファルブラヴらしくロベルト系のゴロンとした馬体。
んー悪くないというかお買い得感ありそうですが、さてどうしましょうかね。

初日はここまで。同行した友人と共に日高方面の宿へ〜

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.