ウィナーズチャレンジを制したのはエニークラップス

ウィナーズチャレンジを制したのはエニークラップス

ローズジュレップエニークラップス二頭出しで挑んだウィナーズチャレンジ。勝ったのは人気のない方のエニークラップス。これでデビュー2連勝です。

エニークラップス

番手追走で4角手応えが怪しくなり手が動き出したローズジュレップとは対照的にエニークラップスは手応え抜群で外に持ち出されるとグイグイ伸びて21/2馬身差で快勝!荒天のデビュー戦のタイムが評価されずに人気はありませんでしたが、距離伸びてよかったのはやはりエニークラップスの方でした。

広森調教師「プラス10kgは成長分で、ようやく競走馬の体になってきました。でも、まだまだ変わってきそうです。この後はブリーダーズゴールドジュニア(内回り・1600m)を予定しています。」

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.