ルグランパントル栗子特別快勝

ルグランパントル栗子特別快勝

福島の栗子特別に出走したルグランパントルは終始馬場の良い外々を回って楽勝。500万では力の違うところを見せてくれました。
前走、菱田の強引な騎乗で脚を滑らせて競走中止した影響を心配しましたが、陣営の丁寧なケアで杞憂に終わりました。
ABで善臣さんが乗れたのも幸運でしたね。

柴田善臣騎手「スタートが良く、行こうと思えば行けたけど、馬場のいいところを選んで走りました。結果、外4番手でしたが、逃げ馬を射程圏に入れていましたし、行きっぷりも良かったので、いつゴーサインを出すかだけでした。休み明けの分、勝負処でモタモタしたけど、抜け出してからは速かったですね。降級のここは通過点でした」

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.