ストロングジーン引退

ストロングジーン引退

2月27日川崎の早春賞に出走し8着に敗れたストロングジーンですが、左前脚の腱断裂のため引退することになりました。
レースの上がりではなんとも無かったストロングジーンですが、厩舎へ戻ってから左前脚の歩様が乱れ、左足をかばって右脚も腫れて立ってられない状況だったようです。
後肢に擦り傷ができていて、こんなとろに傷つくって上がってくることは無かったそうなのでレース中何処かでバランス崩したのではないかと。当日の川崎の馬場状態良くなかったらしいですから。

それにしても、もったいないなぁ。B1でもマイル戦なら十分に通用しましたからね。

27戦8勝、的場文男さんとの名コンビもう見られないの寂しい限りです。

ストロングジーン

3/4小向に、お疲れさん言いに行ってきました。元気そうでよかった。

 

ストロングジーン

飼い葉をもぐもぐ

 

ストロングジーン

 

内田先生によると一晩は立って眠れず、最悪の事態も頭をよぎったそうですが翌日からケロッと立って元気にしているそうです。
突然の引退となって寂しい限りですが、良い思い出もたくさんつくてくれたストロングジーンありがとう。
また内田勝先生、厩務員の方、牧場関係者、的場文男さん、石崎駿くん、赤木さんもテン乗りで勝ってくれましたね。皆さんに感謝です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.