ローズジュレップ第20回 クラウンカップ(SIII)制覇!

ローズジュレップ第20回 クラウンカップ(SIII)制覇!

ローズジュレップクラウンカップ(SIII)を7馬身差の快勝。前走京浜盃の雪辱を果たしNAR最優秀2歳馬の貫禄を見せてくれました。
これで羽田盃に胸張っていけますね。

スタート若干遅れて両方からパッチンされた時はドキッとしましたが怯むことなく吉原騎手が上手く導いてくれました。
ローズジュレップにとって平均ペースでも他の馬はついてこれなかったですね。

距離は走って見ないと判りませんが、クラウンカップの走りを見て鈴付けにくる馬はいなくなったんじゃないかな。
吉原騎手次も乗ってくれるのかな?羽田盃にが楽しみになりました。

ローズジュレップ、クラウンカップパドック

吉原騎手「まずは騎乗依頼をいただき、ありがとうございました。ご期待に応えることが出来て、本当に嬉しく思います。稽古でも跨っていなかったので、今日が本当の初騎乗でしたが、2歳王者の乗り味やスピード&パワー、そしてどんな競馬が出来るのか、非常に楽しみにしていました。スタートしてスピードに乗ってから、それを最後まで維持し続けられるところが最大の長所ですね。そのスピードに他馬が付いてこれず、なし崩し的に脚を使わざるを得ないので、2着馬と7馬身差もつけられたのでしょう。マイルまでなら園田で勝った時のように番手で自在に立ち回れるでしょうが、現状は脚を溜めるよりも、やっぱりハナに立って正攻法で来るなら来いという感じで押し切る競馬が持ち味を最大限に生かせると思いますよ。前走(1700m)は休み明けや落鉄のアクシデントがあったので度外視して、距離は2000mまで持つんじゃないでしょうか。それにしても勝ちタイム(1分41秒9)が速すぎですよね。それでもまだ息遣いも重く感じましたし、仕上がりとしては7~8分程度だったんじゃないかな。スタートでガチャガチャしてしまったので、5/10(水)大井・羽田盃(S1・ダ1800m)に向けて課題はそこだけですかね」

ローズジュレップ、クラウンカップ上がり

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.