カリビアンスタッド連闘も2着

カリビアンスタッド連闘も2着

前走の川崎では瀧川寿希也の謎騎乗で潰されて6着となったカリビアンスタッド。減量の櫻井騎手を配し怒りの連闘で地元船橋で出走しましたが2着に終わりました。
今回は楽に行けると思ったら内の(逃げ馬でない)町田がガシガシ競ってくる。結局町田の馬は殿負け。何のために競ってきたのか、、、ちょっと不可解すぎます。

カリビアンスタッドと櫻井騎手

櫻井騎手「ハナへ行くように指示されていたのですが、まさか町田さんに競られるとは予測していませんでした。直線での手応えも良く、勝ったと思ったのですが、最後はオーバーペースがこたえました。」

カリビアンスタッドと櫻井騎手(本場な入場)

出川克己調教師「逃げた馬は途中からいなくなって大差負けなので、櫻井騎手だけをつぶすことが目的だったのでしょう。意外な馬に競られてしまいました。ただ、今日のように馬体を併せて積極的に先行していけば、好走できますので、次の船橋での勝利に期待してください。」

しかしこれで8回目の2着(2勝)、、、最低限の賞金を加え7月以降もC1を堅持しましたがいつも何かにやられますね。夏以降の飛躍に期待します。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.