ロゾヴァドリナOROカップ(M1)三連覇!!

ロゾヴァドリナOROカップ(M1)三連覇!!

ロゾヴァドリナ岩手県知事杯OROカップ(M1)を三連覇!やってくれました。
輸送で−15と馬体重減らしたので心配しましたが、心配をよそに4馬身差の快勝。
ロゾヴァドリナには本当に頭が下がります。
なかなか調整が順調に行かない仔なのですが、不思議と毎年OROカップにはなんとか間に合わせてくれます。

馬体重発表で-15Kgを見たときにはかなり心配になりましたが、パドックで見るとそこまで細くなった印象もなくいい感じで周回はできていました。

ロゾヴァドリナ19回OROカップ

周回するロゾヴァドリナを見つめる森下調教師

 

ロゾヴァドリナ19回OROカップ

いざ吉原騎手騎乗

 

レースは好スタートから淡々とした流れをかからずに2番手で追走。馬なりのまま4コーナーで先頭立ち、直線追い出すと後続馬を軽く突き放し終わってみれば4馬身差の圧勝。今までで一番強い勝ち方をしてくれました。

ロゾヴァドリナ19OROカップ
 

吉原騎手「馬体が大幅に減っていて、調教師、オーナーサイドは心配していましたが、ここでの力は抜けているので関係ないと思っていました。スタートが決まった時に勝ちを確信していたくらいです。芝なら、これくらいの体のほうが走りが軽くて3連覇の中では、今回がいちばん楽でした。重い馬場も得意ですね、可能なら来年も勝ちたいです。」

ロゾヴァドリナ19OROカップ

森下調教師「大井競馬場を出発する時が474kgだったので、輸送で体が減ってしまいました。盛岡競馬場へ着いてからは大人しくて飼い葉も良く食べてくれていました。レース前に体重を聞いて、半信半疑でしたが、吉原騎手はこの体がいちばん乗りやすいと言っていました。脚元のアクシデントが多い馬なので、ミッドウェイファームのスタッフにも感謝しています。」

元気に走ってくれたとは言え馬体大幅減の後なので次走は体調と脚元をみながらでしょうね。
なんとか来年も現役続行で4連覇めざしてもらいたいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.