クグロフ新馬戦

クグロフ新馬戦

クグロフが東京ダート1600mの新馬戦でデビューしましたが直線大失速、殿に敗退してしまいました。
脚元の故障かと心配しましたがなにやら酸欠みたいになったとか。まだまだ体が出来ていないのか、マイルが長かったのか。まぁゲートも出たし先行するスピードも見せたし、何よりサウスヴィグラス産駒なのでそんなに心配はしていません。次走中山ダート1200mあたりで一変あっても不思議無いでしょう。

クグロフ 

クグロフ

三浦皇成騎手「返し馬でも従順でしたし、綺麗なトビでキャンターを走れていて、雰囲気はけっして悪くなかったと思います。遅れないよう気をつけていたスタートも決まり、揉まれずにレースを進められたのですが、直線を向くと息遣いが荒々しくなり、苦しがってしまってフォームが崩れてしまいました。あれだけ脚色が鈍ると距離の壁も否定できませんが、稽古の感じからはこのくらいの距離が合いそうだっただけに、最後あれだけ酸欠状態になるとは思いませんでした。とにかく性格が素直ですし、使いつつ体力面さえ伴ってくれば、走ってくる馬だと思います」

クグロフ

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.