デランブル能力試験

デランブル能力試験

川崎の内田勝厩舎に入厩後、順調に調整されているデランブルが、能力試験を受け800mを50.4秒の1着で合格しました。50秒台もいい感じですが、上がりも37秒台できっちり差し切り鞍上の真島騎手からは「スタートよし、砂(被っても)よし、馬込みよし」ということで上々の能力試験となりました。無事12月の川崎でデビューまで行ってほしいものです。

デランブル能力試験パドック

調教試験なのに真島さんわざわざ馬主服着ていただいてます 

真島騎手「素直で乗りやすくて、レースセンスがあります。スタートも良くて砂を被せても問題なかったですし、直線は追えば弾けそうな手応えでした。跳びが大きいわりに、スピードがありますので、どの距離でも対応できるでしょう。」

デランブル調教試験あがり

内田調教師「ここまで待って正解でした。本馬場でゲート練習を入念に行なった効果があり、好スタートから砂を被せて、直線は馬場の良いところへ持ち出して伸びて、きっちりと差し切るという完璧な能力試験でした。馬体は仕上がっていますので、この状態を維持できるように調整していきます。12月15日(金)に川崎・1400m戦でデビューする予定です。」

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.