ペキノワ船橋で快勝

ペキノワ船橋で快勝

船橋のC2選抜戦に出走したペキノワは、ホッカイドウ時代のコンビ服部騎手を背に逃げ馬と並走する形で道中進み、早め先頭で押し切って勝利。通算3勝目を上げてくれました。

ペキノワ本馬場入場

服部騎手「道営で乗せていただいていた時は、豊富なスピードがある反面、まだトモに力が付き切っていませんでした。今回、ほぼ1年ぶりに乗せていただくことになり、どれだけ変わっているのか楽しみにしていたのですが、跨った瞬間に力を付けているのを感じました。中1週でも体を増やしていたように、馬体にも実が入ってきたのでしょう。スタートを決めてハナへ…と思いましたが、内の馬が主張してきたので無理せず番手からの競馬。3コーナーでガツンとハミを噛んでしまってヒヤッとしたものの、最後まで持たせることができて良かったです。まだまだ良くなる余地があるでしょうから、これからが楽しみですね」

ペキノワ直線先頭


佐藤裕太調教師「砂を被ると嫌がるところがあると伝えてはおいたのですが、その辺はもう織り込み済みでしたね。やはり2歳時にずっと手綱を取っていたジョッキーですし、道営の腕利きですから心配していませんでした。番手で我慢できたのは収穫。まだまだ伸びしろがありそうですし、古馬になってからも楽しみです」

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.