プレーザも厳しい

骨折明け初戦を快勝後、屈腱炎休養中のマイネルプレーザ。
休んでもう1年経ちますが…

マイネルプレーザは、真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。気合いの乗りが乏しい現在、鞍上が何もしないとスピードダウンしてしまう状態。終始、鞍上に促されて走っています。動きがピリッとしないだけでなく、最近は屈腱部の経過も思わしくなく、ここにきて熱感を帯びる回数が増えてきました。育成主任は「脚がもつかどうか微妙な状況。また休ませても同じ繰り返しになると思う。このまま様子を見ながら進めていきたい」と話していました。

かなり厳しい状況です。
覚悟は出来ていますがもう一度競馬場で会いたいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.