カーサノーヴァは8着

初の大井メインレース、ゲンマ賞に出走したカーサノーヴァは8着でした。

ゲンマ賞カーサノーヴ
森泰斗と初コンビ

カーサノーヴァはいつも通り後方からでしたが、向こう正あたりで見失い^^;
直線も入線するまで全く位置を確認出来ませんでした。

家に帰ってMXの録画を見てみると、内を回って4角まで来たところで外にいたミスターピンクの馬を張る形で外に持ち出したのですが…
そのまま外からミスターピンクが閉めてきてびっちりマーク、内外挟まれ狭いところへ。なんとかこじ開けようと頑張りますが力尽きゴール。

8着でしたがこの展開でコンマ8秒差。Bでも十分上位を狙えるでしょう。
ただ難しい馬だけに今回のような乗り替わりはマイナス。坂井くんてなんか義理堅くないというかすぐ乗り変わっちゃうんですよね(ウチの馬から見てですけど)。

森騎手「ゲートは遅れてしまいましたが、出てからの行きっぷりは良かったです。直線での手応えは十分にあったのですが、外から内田利雄騎手に閉められて出してもらえないまま終わってしまいました。」
堀調教師「今日はテン乗りでしたが、この馬なりにスタートは安定してきました。直線では一瞬ではなく、ずっと閉められっぱなしで競馬になりませんでした。でも最後まで間を抜こうとする気持ちがあったので気性的な成長がみられましたし、このクラスでも通用する目処が立ちました。」

2 thoughts on “カーサノーヴァは8着

  1. 直線、ずっと被されてましたからねえ。
    あれを撥ねかえして割って出れたら、このクラスも即、卒業でしょうか。^^;
    初距離、テン乗りも克服。
    次走は掲示板以上ですね。^^
    写真、拝見しました。ありがとうございます。

  2. こんばんは。
    Bに上がっていきなり厳しい競馬でしたね。確かにあそこを割って出る脚と根性が備わればBでも勝っていけるでしょうね。
    まだまだ4歳ですし今後のさらなる飛躍に期待ですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.