ブービースタート

今年初出走のブラックリバイバルは5秒近く離されてのブービー。 なんか故障でもしたのかと心配したら、 川島騎手「調教で抜群の動きをしていたため期待していたのですが、スタートから全くハミを取ってくれませんでした。向正面では走りながらアクビをされたので、こんな馬がいるのかと驚きました。乗っていて頭にきましたが、気性が難しい馬です。」 走りながらあくびって。。。 残念ながら、川島くんじゃ完全に舐められてますね。 気性はあまりよくなかったけどここまで酷くなかったよなぁ。去年川崎で競走中止してから止めること覚えちゃたかな。。。 かくなる上は、的場文男先生にシメテもらわないといかんかな。

本年初出走は船橋

本年初出走、先陣を切るのは船橋のブラックリバイバル。 船橋競馬初日12Rに登場です。 放牧明けになりますが、降級してC2から出直しの1戦。八分の出来でも勝って欲しいところですが、このレースなんと社台4頭出し。中でもグランデスボスケが強そうです。

鞭がだめ

船橋出走のブラックリバイバルは12着大敗。 ブリンカー外してくれって言ったのにまた深いブリンカー付けてくるし。 [caption id="attachment_1762" align="aligncenter" width="320"] 外してと言ったのにまた深いブリンカー…[/caption] ジョッキーはそんな事無いって言ってたけど明らかにスタート後力んで走ってました。 それでも展開嵌ってさあこれからと言う時に、鞭を入れたら耳絞って頭上げて反抗、急ブレーキとか。 状態は良さそうだけど精神的に一息いれた方が良いのかもね。

ブラックリバイバル3勝目

船橋に出走したブラックリバイバルは、スタート後手踏んで外外を回る展開も、直線力でねじ伏せて嬉しい3勝目! これでデビュー以来「6−1−8−1−止−1」見事な1走おきでピンかパー。勝つときは強いんですけどね^^; [caption id="attachment_1651" align="aligncenter" width="320" caption="競走中止の影響はなさそう"][/caption] デビュー以来少しずつ体重を減らしているのは気になるところですが、体重増えなかった仔が厩舎入って競馬使って大幅に減ってないことを評価したほうが良いのかな。 [caption id="attachment_1652" align="aligncenter" width="320" caption="圭太1999勝!"][/caption] これで賞金は380万円。春の南関クラシックにはまだまだ足りませんが戸塚記念あたり出られるようになってくれると嬉しいな。

片目が開いた

川崎に出走したブラックリバイバル、小さな南関のストリーミング画面での応援でしたが、直線力強く伸びて完勝。嬉しい2勝目を飾ってくれました! [caption id="attachment_1638" align="aligncenter" width="386" caption="完勝!"][/caption] 戸崎騎手「やはり距離が延びたほうがいいですね。今日は道中、遊び遊び走っているので、まだ成長の余地があり、これからの馬だと思います。」 秋葉厩務員「輸送したほうが落ち着いていました。次走については、出走可能な競馬場はすべて登録しておいて、状態の良い時に使いましょう。」 距離伸びて一変。まだ遊び遊びということなので圭太にいろいろ教えてもらいながら成長して行って欲しいですね。 とにかくここで賞金加算出来たのは大きいです。

第12回川崎出走予定

川崎1日 5R 3歳(四)(ロ) ブラックリバイバル(戸崎) 前走ほとんど競馬をしていないブラックリバイバル、中1週で川崎に出走です。 今回は待望の距離延長でどんな走りをしてくれるか。 圭太に乗ってもらっているうちになんとかしたいですね。

8着スタート

本年初の愛馬出走となったブラックリバイバルは8着でした。 1600m戦を希望した陣営の意向を無視して1200mの番組選択はホント意味不明。 今回は負けるべくして負けた感じですね。 改めて次走に期待です。 戸崎騎手「クラスが上がった1200mで対応できなかったのもありますが、まだ心身ともに幼すぎます。走りもバラバラですので、競馬を使いながらの成長を待ちたいです。」

ブラックリバイバル初勝利

11時発走と思い込んで船橋競馬場に向かい、電車の中で出走表iPhoneで確認してびっくり。1Rの発走は10時半じゃないですか!船橋に着いたのが10時チョイ過ぎ、タクシーを飛ばして競馬場についたのが発走5分前でした。^^; バタバタと応援馬券を書い、直ぐにファンファーレ、発走、と思いきや。。。3号馬がゲートに入らない、入らない、入らない…で5分以上経過。先に入って待ってたらと思うとゾッとしますね。後入れの偶数枠でホント良かったです。 レースは出遅れ気味のスタートから中団を追走、直線入口までモタモタしてましたが、追われるとしっかり伸びで5馬身差の圧勝。単勝1.5倍に応える楽勝劇でした。1:18.0はご愛嬌、まだまだ伸びしろありそうだし大丈夫でしょう。(レース結果) [caption id="attachment_1604" align="aligncenter" width="320" caption="圭太くんお疲れ様、GJ"][/caption] 戸崎騎手「まだ心身ともに幼く仕上がり途上です。走ることがわかっていないため、ゲートを出てから進もうとしません。それでも勝つのですからキャリアを積んで体ができてきたら、相当走りそうですね。1200mの馬ではなく2000mくらいがベストではないでしょうか。将来が楽しみな一頭だと思います。」 レース後馬はケロッとしてあがって来ましたが、圭太くんはかなり追いどおしでお疲れの様子でした。 次はもっと長い距離使えるでしょうし、どんどん賞金加算してクラシック目指せるようになってくれるといいなぁ。 兎にも角にも、12月にして本年初の口取り。坊主は免れました^^;;

9回船橋出走予定

第4日 2歳未受賞 ブラックリバイバル(戸崎圭) ブラックリバイバルの2戦目です。初戦6着と賞金加算なしだったので未受賞戦へ。1200mはまだまだ距離不足の感アリですが、ここはサクッと初勝利をお願いしたいところです。

6着デビュー

船橋でデビューしたブラックリバイバルは6着でした。 戸崎騎手「まだ心身ともに幼く、成長途上の感じがします。外へ逃げる恐れがあるため、内へ入れて砂を被せました。最初は嫌がっていましたが、最後は慣れてきていたので次は大丈夫でしょう。勝てると思います。」 川島調教師「勝ち馬のスピードにはかなわないとみて、戸崎騎手がレースの途中から能力試験のような教える競馬に徹していました。」 東さーん、新馬戦勝たなきゃいけない馬だから夏はじっくり社台で調整じゃなかったっけ??ってのは置いといて。 ネットのVTRでしか見てませんが陣営の言ってるとおり、競馬を教えることに徹したレースでしたね。ホントは能力で1000mも克服する姿を見たかったですが。 まぁじっくり行きましょう。

8回船橋出走予定

船橋第4日 3R JRA認定 2歳新馬 ブラックリバイバル(戸崎) いよいよブラックリバイバルのデビュー戦です。鞍上も圭太を迎え、新聞紙上も結構印がついていますが1500m戦が不成立になったのが痛いですね。 能力で1000mも克服してくれれば夢が広がりますが、どうなりますか。

ブラックリバイバル能力試験

ブラックリバイバルは11/1に船橋競馬場で能力試験を受け、800mを52.2秒の4着で合格。まずは一安心です。 [caption id="attachment_1561" align="aligncenter" width="320" caption="馬体重は460Kg"][/caption] 牧場時代なかなか430Kg台から増えなかった体重も460Kgまで増加。さすが川島厩舎です。 パドックでは周回を重ねるごとにテンション↑本馬場入場後も江川騎手を落とすような素振りを見せたりでまだまだ幼い感じ。 レースは江川騎手のコメントの通りで。。。 江川騎手「ゲートの中は大人しくて、良いスタートが切れたのですが、3コーナーから何かに怯えて外へ逃げてしまいました。その後に砂を被せたので、砂を嫌がったわけではありません。直線では良い伸びを見せていましたし、スピードもある馬なので外へさえ逃げなければ勝ち負けの競馬になるでしょう。距離は長いほうがいいです。」 [caption id="attachment_1562" align="aligncenter" width="320" caption="江川騎手下馬。お疲れさまでした"][/caption] 3角では首を上げて止まりそうな勢いでした^^; 秋葉厩務員も「まだまだ幼い、集中力がない。でもこれで変わってくるでしょう」と。 さて、どんなデビュー戦を見せてくれますか。 ウチの馬、ヤンチャばっかりで最近優等生がいないんだよな。。。誰に似たんだか。。。

南関勢動向

ボヘミアン 適鞍(大井の1200m)に出走するため、船橋出川克己厩舎から、大井森下淳平厩舎に転厩。10/8に大井に入厩済み。 カーサノーヴァ セグチRSに放牧中。10/15前後に堀厩舎へ帰厩して10/30からの大井開催での復帰を予定。 ブラックリバイバル 川島正行厩舎で調整中、11/1の能力試験が目標。 [caption id="attachment_1542" align="aligncenter" width="320" caption="川島厩舎にて"][/caption]

ブラックリバイバル

マルカパールの09(父ホワイトマズル)ようやく馬名決定しました。 ブラックリバイバル(Black Revival) 毛色+復興の意 直訳すると黒い復興になっちゃうのでいまいちピンと来ませんが、強くなってくればかっこ良く聞こえるのかな? [caption id="attachment_1510" align="aligncenter" width="320" caption="6月の社台ツアーにて"][/caption] 馬の方は体重は増えないものの順調で現在セグチRSに滞在中。もうすぐ船橋の川島正行厩舎へ入厩する予定です。

あめましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 旧年中はお仲間の皆様と楽しい馬ライフを送ることができました。 今年も競馬場や祝勝会で皆様とお会いできることを楽しみにしております。 よろしくお願いします。 さて、昨年は中央馬は引退、500万頭打ち勢多数、期待のフィエラメンテの不調とあまり良くない一年でした。 しかし、秋には障害に転向したリーチマイドリームが勝利、年末にはマイネフェリックスがようやく500万下で競馬になったりと明るい兆しは見えてきます。 今のところ今年中央デビュー予定馬は無し。現有勢力でどこまでやれるか。まずはフィエラメンテの未勝利脱出、ラヴセンスの復活が待たれるところです。 地方馬は50戦8勝と健闘しましたが、南関クラシックに乗ることが期待されたボヘミアンがまさかの未勝利、ショップインミラノも春に勝利して未来が嘱望されましたが屈腱炎引退と大誤算の1年でした。 良い意味で期待を裏切ったのがバチアー産のカーサノーヴァとジェラシャンス。カーサノーヴァは春に2勝、秋に2勝を上げ一気にB2まで駆け上がってくれました。ジェラシャンスも水野騎手で走りが安定すると長いトンネルを抜け2年ぶりの勝利を飾ると休養前にも勝利、2勝を上げてくれました。 サングエブルも元気に走り、通算50戦を突破。的場文男騎手との出会いで新味が出る形で1勝。今年もまだまだ頑張ってくれそうです。 地方馬は、マルカパールの09、フォーノーワンの09と期待馬のデビューも控えています。サングエブル、ジェラシャンスも今年に繋がる競馬をして休養に入っていて復帰が楽しみです。カーサノーヴァのさらなる上昇、ボヘミアンの復活で今年は勝利倍増と行きたいところですね。 とにかく全馬怪我なく無事で1年楽しませてください。