ロゾヴァドリナは2着

ボヘミアン以来のジュニアグランプリ制覇はなりませんでしたが、ロゾヴァドリナは2着と頑張りました。 第16回 ジュニアグランプリ(ダンスインザダーク賞2歳 第16回 ジュニアグランプリ(映像) [caption id="attachment_2143" align="aligncenter" width="450"] 二人引きで周回[/caption] 新馬戦以来の久々の競馬、しかも大井の1000mしか経験していない2戦目ということで、スタートもさっと。小回りのコーナーもわけわからず膨らんで遊びながら廻り、3角あたりからのロングスパートで直線一度ふわっとするもまたそこから大外伸びてきての2着。 [caption id="attachment_2144" align="aligncenter" width="450"] 本馬場入場[/caption] うん、経験積んで普通に競馬していたら、と思わせる内容。スニッツェル産駒で1200mしか持たないかもとの杞憂を吹き飛ばす直線の伸び。何よりも見せてくれた芝適正。今後に期待持たせる内容でした。 次走は認定とれてないのでこのまま中央の500万下には出られませんが、なんと重賞のアルテミスSに出走申し込み。推薦が得られれば出走叶うことになります。

大井も連勝

ロゾヴァドリナ新馬戦快勝! ボヘミアンでは叶わなかった念願の森下先生との口取りできました! [caption id="attachment_2093" align="aligncenter" width="450"] 新馬戦快勝[/caption] そしてビートザボーダーも休養明け快勝。2戦目で嬉しい初勝利。 [caption id="attachment_2094" align="aligncenter" width="450"] この条件では負けられません[/caption] ツアーきり上げて帰ってきた甲斐ありました。これで石崎駿JK川崎から(我が舎の馬の)騎乗機会4連勝かな。

ロゾヴァドリナ

ダマスクローズの12(父スニッツェル)の馬名は、 ロゾヴァドリナ(Rozova Dolina) 「ブルガリアのバラの谷(ダマスクローズを原料とするオイルの産地)」 に決定。既に大井の森下厩舎に入厩。今週末にも能力試験の予定です。

牧場見学その1

行きは新千歳空港着いたと思ったら、サンダーストームレベル3発令でタラップを付けられず飛行機の中で30分缶詰め。2日とも雨にたたられ、帰りは台風の影響の機材遅れとかで出発2時間半遅れ。と、ある意味思い出に残る北海道でしたが、お馬さんにたくさん元気をもらって帰ってきました。 まずは9/15の社台編から。 豪雨の中リリーバレーに到着。厩舎の中になりましたがストロングジーンとご対面。 (more…)

ダマスクローズの12

地方馬の新しい仲間、ダマスクローズの12(父スニッツェル)です。 [caption id="attachment_1956" align="aligncenter" width="450"] 短距離戦での活躍を期待しています[/caption] しかしここまで人気がないとは。確かに地味ですけどね。 兄のダマスクインゴッドは今年社台地方オーナーズ馬として初めてスーパーフレッシュチャレンジに出走。確勝級と言われ僅差の2着。その後アタックチャレンジは順当勝ちし、OPでも僅差の2着と早くから走ってるんですけどね。 この仔は父がスニッツェルにかわって短距離馬になりそうですが、兄同様早くからの活躍を期待しています。

社台ドラフト結果

中央 6マンハッタンセレブの12 ○ 地方 324ダマスクローズの12 ○ 地方は満口ならず確定していたのですが、中央は最終的にマンハッタンセレブの12が社台人気2位まで上昇したのでちょっとドキドキでした。 なんとか取れて良かった〜