5回浦和出走予定

浦和第3日 12R 重陽(ちょうよう)特別 B3(選抜)C1(選抜)ボヘミアン(森) 次開催の大井もC1組の他場出走が認められないため、浦和での出走となりました。 初コースの浦和、久しぶりの距離延長がどう出るかですが前走の走りの再現を期待です。 あと賞金7万8千円でB3に格付けされるはずなのでなんとか賞金加算できる5着までが最低のノルマです。B3になれば大井でも出走機会が増えるんですけどね。 なお、9月25日の盛岡オーロカップ・芝1700m戦へ申込みはしているようですが、ボヘミアンは補欠の4番目らしいです。

ボヘミアン頑張った!

大井の新宿区特別に出走したボヘミアンは2着と頑張りました。 [caption id="attachment_1459" align="aligncenter" width="320" caption="パドックではいつもと同じでのんびり"][/caption] パドックではいつもと変わらずのんびりと覇気がない感じ、歩様も良くは見えませんでした。 忙しい船橋の1000mから大井外回り1200mへの条件替わりと近走最後まで走るようになってきた事だけが頼みの綱でしたが… レースでは1000m戦を使っていたこともあり先行集団を楽に追走、直線も最後まで頑張って2着まで差し込んできたところがゴールとなりました。 [caption id="attachment_1460" align="aligncenter" width="336" caption="久しぶりにちゃんと競馬して帰ってきました"][/caption] 森騎手「状態が良くなっていたのもありますが、1200mだと追走が楽ですね。もう少し前に行けたので、先行しても良かったかもしれません。」 克己先生も森騎手といろいろ考えて調教してくれているようですし、なんとか復活の勝利を目指したいですね。 ただ次開催の大井のC1は船橋の馬使えないんですよね、使いたい条件を使えないのは辛いところです。

9回大井出走予定

大井第1日 10R 新宿区特別 C1(三) ボヘミアン(森) 1200mを使いたいのに船橋で1000m戦2回走らされて、ようやく念願の1200m戦。復活のきっかけを掴んでくれればいいのですが。

良いのか悪いのか

船橋で出走したボヘミアンは7着でした。 [caption id="attachment_1345" align="aligncenter" width="336" caption="パドックでいつも通りのんびりと…"][/caption] 初の1000m戦で4角まで最後方も上がりは37.1で最後まで走ってました。 さてさてこれが良いカンフル剤になったのかどうかは次走見ないとわかりませんね。。 吉田稔騎手「初めての1000mでペースの違いに戸惑っていましたが、行き脚がついてからの伸びは良かったです。1200m~1400mなら好勝負になりそうです。ただレース後、少し右トモに違和感がありました。」 右トモは毎度のことですがちょっと心配です。 さてさて社台のドラフト。中央の1位はトップガン仔で決定していたのですが、地方馬は決め手に欠ける状況…担当のSさんに電話して気になる馬の票数確認するもまだ決まらず。 そんな中ボヘミアンのレース後検量室前で、Sさんが内田勝調教師来てるから呼んできましょうか?と悪魔の一言。Sさん相変わらず営業がウマイ。気になる馬(の中でもツアーで一番気になってた仔)は内田勝師予定馬なんですよね。 で、しばし内田師と談笑。ははは、もうこれはご縁ですよね。313デュランダルっ仔。

3回船橋出走予定

船橋第3日 7RC1選抜馬 ボヘミアン(吉田稔) ボヘミアン背水の距離短縮ダート1000m戦です。途中でやめちゃわずに最後まで一生懸命走ってくれるかどうか… さて、社台の中央馬はは予定通り一目惚れした仔の一本釣りします。地方馬は応募するかどうか悩み中……

ボヘミアン………

待ちに待ったボヘミアンの復帰戦でしたが…大差の殿負け。うーん、どうしちゃったかな。 パドックではいつも通りの感じで、昨秋よりキョロキョロしてなくて走る方に気が行ってると思ってたんですけどね。 レースではスローな流れを中団後方から追走して捲っていったのですが、4角ではあらあら。 競馬を自ら止めちゃったと思ったら、森騎手からは「一杯になった」とショックな一言。パトロールを見たSさんは「フォームがバラバラになってる」と。 克己先生も今回からメンコの耳あてをレースでも付けたままにしてみたりいろいろ考えてくれてるのになぁ。 うーん、ホントどうしちゃったかな。去年の転入初戦は1:40.8。明け4歳になって今回が1:45.9。馬場とかも違いますが去年のタイムでで走ってたら今日は大楽勝の筈なんですけどね。 そうそう森泰斗くん今日が初めてだったんですけど、とっても感じのいい騎手ですね。 本馬場入場時、我々の姿に気づくと「よろしくお願いします!」って大きい声でいってくれるし、レース後も第一声「申し訳ありませんでした!」って。いやいや今回森くんは悪く無いっす。ウチのボヘミアンくんが走らなかっただけですから。ホント。 さて、このままでは進退云々の話も…なんとか復活してくれんかな。頑張れボヘミアン。

2回船橋出走予定

船橋第5日 鍾馗盃 C1(一) ボヘミアン(森) 昨秋以来のボヘミアンの復帰戦です。去年の今頃は東京湾Cに出走して人気していた馬。その後思ったように結果が出ていませんが、C1にクラスが下がってここは軽く勝って欲しいところです。 ただ気ムラなところのある馬だけに走ってみるまでは…

大井勢の結果

アクアマリン賞に出走したカーサノーヴァは8着。 [caption id="attachment_1200" align="aligncenter" width="320" caption="吉原騎手初騎乗"][/caption] やはりテン乗りは厳しいですね。MXのパドック評も「この馬は坂井騎手でしか走りませんから…」はい、その通りです。。。 今回は1400でしかもペースが速かったということもあるでしょう。次開催は得意のマイル戦が組まれていますので巻き返しに期待です。 C3戦に出走したジェラシャンスは4着。 [caption id="attachment_1201" align="aligncenter" width="320" caption="パドックでかなり入れ込み気味のジェラシャンス"][/caption] 騎手が騎乗してからかなりテンションが上がっていたジェラシャンスですが馬場入り後は落ち着きを取り戻していい感じでした。 休み明けとしては好内容の4着。今年も堅実に頑張ってくれそうです。 C3戦に出走したサングエブルは14着。 [caption id="attachment_1202" align="aligncenter" width="320" caption="休み明けでまだまだ緩そうな馬体のサングエブル"][/caption] まぁ休み明けはこんなもんでしょう。達城くんが頑張って押しても押しても動かない感じ。2、3回使ったら変わってくれるでしょう。秋まで頑張ってね。

セグチRSに行ってきました

南関の愛馬3頭が休養中のセグチRSに行ってきました。 行きし、アクアラインを通って1時間ちょっと快適~と思っていたら到着まで一息、あと2、3キロの1本道で突然の渋滞。前方数百メートルで複数台が絡む事故らしい…で結局1時間半程足止め。到着が大幅に遅れてセグチのスタッフさんには迷惑をかけてしまいました。 通行止めが解除され進んでいくと運転席部分が完全に潰れた車が……事故に巻き込まれなくてヨカッタです。 さて、到着遅れをお詫びしつつ早速愛馬のもとへ。 まずはジェラシャンス。 [caption id="attachment_1159" align="aligncenter" width="320" caption="順調そうでなにより"][/caption] 順調そのもの、もうすぐ入厩のお声がかかるでしょう。 やはり馬場に入ると多少テンションが上がるようですが、変わらず元気ということでしょう。 [caption id="attachment_1160" align="aligncenter" width="320" caption="3月の大井からかな?今年も元気で頑張ってね"][/caption] 次はボヘミアン。 [caption id="attachment_1161" align="aligncenter" width="320" caption="体調は良いとのことだが"][/caption] レポートで覇気がないとあったので心配していましたが、「惚けたところのある馬だけど順調ですよ」とのこと。 確かに煩いところは見せて元気そうではありました。ただ眠たいのか目に覇気がないですね… レースでのモタれ癖について聞きましたが、調教では全くそんな癖は見せないとのこと。 気持ちの問題なのか何なのか復帰戦見るまではなんとも言えませんね… [caption id="attachment_1162" align="aligncenter" width="320" caption="元気に復活してくれよ。"][/caption] 最後にサングエブル。 [caption id="attachment_1163" align="aligncenter" width="320" caption="日差しを浴びて輝く栗毛の好馬体"][/caption] 冬の日差しを浴びているせいもあるのですが、明け7歳とは思えない若々しい馬体。まだまだ頑張ってくれそうです。 ジェラシャンスと一緒に戻ってきてくれるかな。 [caption id="attachment_1164" align="aligncenter" width="320" caption="まだまだ若いよ"][/caption] 対応して下さったセグチの皆様ありがとうございました。

あめましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 旧年中はお仲間の皆様と楽しい馬ライフを送ることができました。 今年も競馬場や祝勝会で皆様とお会いできることを楽しみにしております。 よろしくお願いします。 さて、昨年は中央馬は引退、500万頭打ち勢多数、期待のフィエラメンテの不調とあまり良くない一年でした。 しかし、秋には障害に転向したリーチマイドリームが勝利、年末にはマイネフェリックスがようやく500万下で競馬になったりと明るい兆しは見えてきます。 今のところ今年中央デビュー予定馬は無し。現有勢力でどこまでやれるか。まずはフィエラメンテの未勝利脱出、ラヴセンスの復活が待たれるところです。 地方馬は50戦8勝と健闘しましたが、南関クラシックに乗ることが期待されたボヘミアンがまさかの未勝利、ショップインミラノも春に勝利して未来が嘱望されましたが屈腱炎引退と大誤算の1年でした。 良い意味で期待を裏切ったのがバチアー産のカーサノーヴァとジェラシャンス。カーサノーヴァは春に2勝、秋に2勝を上げ一気にB2まで駆け上がってくれました。ジェラシャンスも水野騎手で走りが安定すると長いトンネルを抜け2年ぶりの勝利を飾ると休養前にも勝利、2勝を上げてくれました。 サングエブルも元気に走り、通算50戦を突破。的場文男騎手との出会いで新味が出る形で1勝。今年もまだまだ頑張ってくれそうです。 地方馬は、マルカパールの09、フォーノーワンの09と期待馬のデビューも控えています。サングエブル、ジェラシャンスも今年に繋がる競馬をして休養に入っていて復帰が楽しみです。カーサノーヴァのさらなる上昇、ボヘミアンの復活で今年は勝利倍増と行きたいところですね。 とにかく全馬怪我なく無事で1年楽しませてください。

2010振り返り【成績のみ】

中央2勝、地方8勝でなんとか10勝達成。 今年の勝ち頭はカーサノーヴァで4勝。ジェラシャンスと合わせて父バチアーで6勝もしちゃいました。わからんもんです。 個別の振り返り等は別エントリでしようかと。 <中央> マイネルアテッサ・・・5戦(引退) リーチマイドリーム・・7戦1勝 マイベストソング・・・5戦 ラヴセンス・・・・・・4戦 マイネフェリックス・・8戦1勝 ヴォロンテール・・・・5戦(引退) フィエラメンテ・・・・2戦 中央計・・・・・・・・37戦2勝 <地方> サングエブル・・・・15戦1勝 ジェラシャンス・・・12戦2勝 カーサノーヴァ・・・13戦4勝 ボヘミアン・・・・・6戦0勝 ショップインミラノ・4戦1勝(引退) 地方計・・・・・・・・・50戦8勝

ロックハンドスター三冠おめでとう

今年から復活したダービーグランプリ、制したのはその名のとおり岩手の星ロックハンドスターでした。 ロックハンドスター口取り これで岩手ダービー、不来方賞と併せて岩手三冠。すばらしい馬ですね。 で、芝だったとはいえ去年のジュニアグランプリで地元のロックハンドスターを差し切ったのが我がボヘミアン。 [caption id="attachment_1042" align="aligncenter" width="320" caption="09ジュニアカップ、直線一騎打ち"][/caption] 方や岩手三冠、方や今年未勝利で放牧休養中…今年一年でえらい差がついちゃったな。 来年はボヘミアンも復活してOROカップあたり遠征して対戦させてもらいたいものですね。

スランプ…ボヘミアン

船橋のSPAT4×楽天銀行 IN 船橋賞 B3(三)に出走したボヘミアンは8着。 [caption id="attachment_999" align="aligncenter" width="320" caption="終始物見…集中してない…"][/caption] 調教も良く期待していましたが、パドックでは終始物見をして集中していません。 馬体は良さそうなのですが内から湧き出るものがありません… で、レースは終始良いところなく8着。帰ってきた的場さん曰く、外にもたれっぱなしでどうしようもない、と。 いつも4コーナーではもたれていたボヘミアンですが今回は1コーナーからもたれっぱなしだったそうで(確かにVTR見ると1コーナーで外へ行こうとしているのがよく判る)。 東京湾カップ以降全く良いレースが出来ていないボヘミアン、見えない疲れでもあるのでしょうか。ここで一端セグチに放牧、早速笹針を打ったとのことです。 なんとか本来のボヘミアンの姿に戻ってほしいものです。

どうしたボヘミアン

もう先週のことですが、船橋の船橋競馬&船橋オート60周年賞 B3(二)に出走したボヘミアンは8着でした。 +13Kg、475Kgの馬体で登場したボヘミアン、具合は良さそうでしたがパドックではしきりに物見をして集中力を欠いているようにみえました。でも実績のあるマイル戦、湿って早い馬場も好材料好走してくれることを信じて疑わなかったのですが… [caption id="attachment_914" align="aligncenter" width="320" caption="終始物見して…"][/caption] 御神本騎手か「3コーナーまでは楽勝してくれそうな手応えだったのですが、コーナーへ入ると外へ外へと張ってしまいました。何か苦しいことか嫌なことがあったためか、直線では完全に走るのを止めています。申し訳ありません。」 出川克巳調教師「前走時とは追い切りでの動きが違っていたので、今日は期待して見ていたのですが、ここまで負けるとは予想していませんでした。申し訳ありません。3コーナーから外へ張って乗りずらそうでしたが、直線では全く伸びなかったのでショックです。東京湾カップの後の大井戦から同じようなレースが続いているので、疲れが完全にぬけきっていないのかもしれません。気性的な問題も考えられるので、次は右回りの大井でブリンカーを着けてみます。それでダメなら放牧に出す予定です。」 うーん、ホント3コーナーまでは楽勝~と思って見てましたよ。 単に走る気がなかったのか、目に見えない疲れなのか…ボヘミアンの南関での1勝遠いですね。 10/18からの12回大井での巻き返しに期待です。