あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いします。 さて、大晦日に最終戦を迎えた我が舎ですがまずは09の振り返りから。 <中央> マイネルグロッソ・・・4戦(引退) マイネルプレーザ・・・0戦(引退) マイネルアテッサ・・・7戦1勝 リーチマイドリーム・・5戦 マイベストソング・・・4戦 マイネラプソディ・・・7戦1勝(引退) マイネブルーム・・・・3戦(引退) シャンパンキッス・・・2戦(引退) ラヴセンス・・・・・・3戦1勝 マイネフェリックス・・2戦 ヴォロンテール・・・・3戦 中央合計40戦3勝 まずは中央馬。今年は引退馬が多かったですね。特に3歳でまだこれからの活躍を期待していたマイネラプソディ、そして復帰を心待ちにしていたマイネルプレーザ2頭の屈腱炎引退は本当に残念でした。 出走数も昨年54戦から激減、勝利も1勝減の3勝止まりでした。 今年は、去勢して戦線復帰したグリーン2騎、そして明け3歳馬の活躍に期待したいところです。 <地方> サングエブル・・・・16戦1勝 ジェラシャンス・・・12戦 カーサノーヴァ・・・11戦1勝 ボヘミアン・・・・・5戦2勝 ショップインミラノ・1戦1勝 地方合計 45戦5勝 地方のサングエブルは今年もよく走ってくれました。ただ勝ち星はもう1つ2つ欲しかったところ。ジェラシャンスも1つ2つ勝ちを期待していましたが一つも勝てず、C3から出直しです。 カーサノーヴァはようやく1つ勝ちましたが、コンスタントに成績が残せないのが難点。今年はB3目指して頑張って欲しいものです。 ホッカイドウデビューの明け3歳2騎、ボヘミアンは中央の芝に何とか挑戦したいところですが、オープンしか使えないところが頭が痛い。ショップインミラノは体質強化してコンスタントに使えますように。 総合計85戦8勝 奇しくも中央地方合わせた出走数は08年と同じ85戦、勝ち星が2つ少ない09年でした。 今年は、今のところ明け2歳馬は中央の1頭だけです。 中央地方で5頭いる明け3歳勢の活躍がカギになる一年になりそうです。 とにもかくにも、まずは無事で走ってくれますように。

ラプソディ屈腱炎引退

屈腱炎は突然に… マイネラプソディ、屈腱炎で引退です。 24日(火)になって左前肢が腫れてきたため25日(水)にエコー検査を行いました。損傷率30%の屈腱炎で全治9ヶ月以上の見舞金の対象になるとの診断です。回復にかかる期間や再発のリスク等を考慮し、引退が決定しました。 初勝利からまだ1年経ってないのに… これから得意の中京開催が続くのに… 残念ですが怪我には勝てませんね。 お疲れ様、ラプソディ。

ラプソディは9着

吉田豊騎手「勝ったエリモアクアポリスが通った進路を取るべきだった。4コーナーで内に入って進出していくべきだったのに、手応えが良かったばかりに外ばかり意識してしまった。もったいない競馬。スムーズなら上位争いになっていたはず。申し訳ない」 ハナからJKには期待していませんでしたが、それにしても。。。 年内の中京の芝出走は難しいだろうな。。。

8着入れば上出来でしょう

マイネラプソディが福島で出走です。 エリモアクアポリスが強敵とか言ってる場合じゃ無いと思うけど。 なんとか8着目指して先行してくだされ。 マイネラプソディは、21日(土)、福島5Rの芝2000mに吉田豊騎手で出走します。未勝利の立場で前走を快勝したエリモアクアポリスが強敵でしょう。小笠調教師は「やはり右トモの踏ん張りがいまひとつ。しっかり力が入ってこない感じ。ただ、今週の追い切りはフラットコース(ニューポリトラック)だった分、あまりもたれなかった。レースを見合わせるほどではない。身のこなしの硬さは以前からの特徴。この馬にしては身体もふっくらしている」とコメントしていました。

鉾田のラプソディ

経験上、何かを予感させるあまり良いコメントではないな。 マイネラプソディは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。ウォーキングマシンのみの運動で楽をさせ、13日(火)に坂路入りを開始しました。厩舎からの報告通り、前肢の運びにゴツゴツ感があり、両前肢の屈腱部に疲れも出やすいところがあります。しばらくは軽めに乗って身体をほぐしつつ、脚元に大きな負担がかからないペースで進めた方が良いでしょう。この馬自身、前へ前へという気持ちは旺盛です。

ラプソディもう鉾田

戦線復帰後、消化不良の2戦を消化したマイネラプソディですが、もう鉾田に出されちゃいました。 レースの反動でゴツゴツ感が再び強くなりました。8日(木)にビッグレッドファーム鉾田へ。今後について小笠師は「福島開催の後半が目標。いずれにしても状態次第」 食いも含めてこのあたりの弱さが解消されないと厳しいですね。

ラプソディ内で何もできず

中山6Rのマイネラプソディ。 うーん。スタート直後に横の2号馬(大野くん)にすっと前に行かれたときやな感じしたんだよね。 結局終始内で何もできず。直線も手綱を控えたまま。 伊藤工真騎手「脚を余してしまった。道中は無理せずに良い位置を取れたが、馬群がバラけなくて動きたいときに動けなかった。跨った感触も良く、状態が良さそうだっただけに残念。聞いていた硬さもそれほど感じなかった」 スローで馬群がばらけないのは分かり切ったこと。 隣の人気のない大野くんに前行かれちゃ直線も前空くわけないし。 人気馬なら直線脚あるからスペース空くけどね。 1枠1番引いた時点で勝負するならもっと押してでもポジション取りに行かなきゃ。 ま、伊藤工務店じゃしょうがないかな。 もちろんベストのレースしてラプソディの着順がどれだけ上がったかはわかりませんけど。 次走あらためて期待しましょう。

ラプソディ復帰2走目

日曜中山の6R、芝1800戦にマイネラプソディが出走します。 小笠師は「一度レースを使った効果で身体に柔らかみが出てきたように思う。状態は悪くないし、馬体重も430キロ前後をキープできているので、レースでもプラスで出れると思う」と話していました。 さて、叩き2走目、伊藤工務店の減量でどこまで戦えるか。 明日は仕事で応援に行けませんががんばってもらいましょう。

ラプソディちぐはぐ

新潟7Rのマイネラプソディ。 やはりビッシリ追えない影響か馬体は緩い感じ。 レースもスタート直後、なんだか外向いてつっぱって走っている感じだったし。 田中騎手「以前よりも身のこなしが硬い感じ。返し馬の段階からハミに頼るような走りで弾むような動きになかった。行けないと見て出していかず、インを狙う乗り方をした。でも、のめってしまって。だから直線は外に出した」 直線入り口で最後方に下げて大外へ。ちぐはぐ。 この内容で勝ち馬と1秒差。そんなに負けてないことが唯一の救いか… といってもレベルの低い牝馬限定戦だったしなぁ。

ラプソディ出走

マイネラプソディが土曜新潟7Rで復帰初戦を迎えますが… 9/9 助 手 美南坂 良 54.1-39.5-26.7-14.0 一杯に追う マヤノロシュニ(古500万)強目に0.9秒先行0.8秒遅れ 調教酷いしなぁ。 9日(水)の追い切りが案外な内容。相手に抜かれて単走になったら、脚色が甘くなるような感じで後退しました。1頭になってふわっとしてしまった分もあったようです。決して体調が悪いわけではありません。小笠師は「この馬にとって青草をたくさん摂れる夏場の休養はぴったりだと思ったのだが、馬体の成長が見られない。春からほとんど変わっていなくて。細いからどうしてもびしっとやれないんです」 テキも泣きまくってるしなぁ。 ラプソディにとって直線平坦、この夏トップガン産駒がよく走ってる新潟というのは好条件なんだけど…

やっぱり鉾田は…

マイネラプソディは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。14日(木)の調教後に左前の出が硬くなりました。その後も軽めに乗り込んでいて気にならない程度にまで回復したものの、再度硬くなってきたため、きのう火曜日に獣医に診てもらったところ両前の繋靱帯に炎症が見つかりました。目視による腫れはなく、内部で炎症を起こしていた模様です。北海道に戻して休ませることになり、あす木曜日にビッグレッドへ向けて出発します。 私は初ですが、こうも鉾田でいろいろあると「目視による腫れはなく」という一言も言い訳がましく聞こえてしまいますね。 鉾田じゃ見舞金も出ませんし。。

ラプソディ、黛?

菜の花賞に登録しているマイネラプソディ。 今日クラブから発表された、鞍上は黛くん。 先週のクラブの発表では松岡くんに騎乗依頼、ブックの想定では三浦皇成の名前があったんだけどな。 登録頭数多いしABで松岡くんか三浦くんの名前書いて投票するのかな?