ラヴセンス白菊賞

白菊賞のラヴセンスは直線追うところ無く12着… レース後騎手は「一番人気のニシノモレッタをマークしていきました。手ごたえはよかったものの、モレッタが下がってきて行き場がなくなってしまい、苦しい展開になってしまいました。今日は-4kgでも細くありませんでしたし、パドックでも落ち着いていました。つくづく道中の不利があったのが残念でしたね」とのコメントでした。 ブック次走メモ 他馬を気にする面があるのか?直線でスペースがあるのに割って入ろうとしない感じ 私も現地でブック記者と同じように見えました。WSJSを控えての安全運転か? 競馬場でパトロール確認できなかったので火曜日要チェックだな。 写真は後ほど。

ラヴセンス白菊賞確定

ラヴセンス、無事抽選を乗り越えて白菊賞に藤田JKで出走確定です。 11/26(木)は坂路コースで追い切り、55.8-39.5-24.3-11.7の時計でした。ハロー掛け直後で馬場状態がよかったことはありますが、Pコースでキャンターを乗ったあとのものですし、終いの伸びは特筆できます。 坂道で終い切れたようでなかなか良い感じです。 なにより小柄な牝馬で、ちゃんと強く追い切りできたことが好材料ですね。 さて力試しの一戦、どうなりますか。

東京がダメなら京都へ~

去勢空け復帰初戦のリーチマイドリーム。 東京が除外濃厚と言うことで、京都にまわって出走確定です。 しかし、前走5着の権利持ちで一杯の東京って… 京都にまわったおかげでダートの1800m戦、1ハロン長い気がしますが、京都で2週連続メインを勝ってるタナパクでどこまで頑張れるか。 個人的にはタナパクとは相性良いんでよろしゅうたのんます。 もちろん逃げ・先行期待です。

プレーザも厳しい

骨折明け初戦を快勝後、屈腱炎休養中のマイネルプレーザ。 休んでもう1年経ちますが… マイネルプレーザは、真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。気合いの乗りが乏しい現在、鞍上が何もしないとスピードダウンしてしまう状態。終始、鞍上に促されて走っています。動きがピリッとしないだけでなく、最近は屈腱部の経過も思わしくなく、ここにきて熱感を帯びる回数が増えてきました。育成主任は「脚がもつかどうか微妙な状況。また休ませても同じ繰り返しになると思う。このまま様子を見ながら進めていきたい」と話していました。 かなり厳しい状況です。 覚悟は出来ていますがもう一度競馬場で会いたいですね。

ラプソディ屈腱炎引退

屈腱炎は突然に… マイネラプソディ、屈腱炎で引退です。 24日(火)になって左前肢が腫れてきたため25日(水)にエコー検査を行いました。損傷率30%の屈腱炎で全治9ヶ月以上の見舞金の対象になるとの診断です。回復にかかる期間や再発のリスク等を考慮し、引退が決定しました。 初勝利からまだ1年経ってないのに… これから得意の中京開催が続くのに… 残念ですが怪我には勝てませんね。 お疲れ様、ラプソディ。

ラヴセンス白菊賞登録

ラヴセンス、予定通り白菊賞に登録です。 25登録なので予定通り出走できると良いのですが。 アグネスワルツ 54.0 カスクドール 54.0 グリューネワルト 54.0 グローリーステップ 54.0 ゴシップガール 54.0 シュテルンターラー 54.0 ジョディーズライン 54.0 スギノブロッサム 54.0 スズカベラミー 54.0 スプリングサンダー 54.0 タガノガルーダ 54.0 タガノパルムドール 54.0 ディアアレトゥーサ 54.0 トゥニーポート 54.0 トーホウシンバル 54.0 ナムラアトラクト 54.0 ナムラタイフーン 54.0 ニシノモレッタ 54.0 ピーチブローフィズ 54.0 フィールドスピカ 54.0 メイショウヘミング 54.0 メルヴェイユドール 54.0 ヤマニングルノイユ 54.0 ラヴセンス 54.0…

ラプソディは9着

吉田豊騎手「勝ったエリモアクアポリスが通った進路を取るべきだった。4コーナーで内に入って進出していくべきだったのに、手応えが良かったばかりに外ばかり意識してしまった。もったいない競馬。スムーズなら上位争いになっていたはず。申し訳ない」 ハナからJKには期待していませんでしたが、それにしても。。。 年内の中京の芝出走は難しいだろうな。。。

8着入れば上出来でしょう

マイネラプソディが福島で出走です。 エリモアクアポリスが強敵とか言ってる場合じゃ無いと思うけど。 なんとか8着目指して先行してくだされ。 マイネラプソディは、21日(土)、福島5Rの芝2000mに吉田豊騎手で出走します。未勝利の立場で前走を快勝したエリモアクアポリスが強敵でしょう。小笠調教師は「やはり右トモの踏ん張りがいまひとつ。しっかり力が入ってこない感じ。ただ、今週の追い切りはフラットコース(ニューポリトラック)だった分、あまりもたれなかった。レースを見合わせるほどではない。身のこなしの硬さは以前からの特徴。この馬にしては身体もふっくらしている」とコメントしていました。

ラヴセンス次走は白菊賞

新馬戦快勝のラヴセンスですが、次走は白菊賞になりました。 鞍上は引き続き藤田J。 中2週で使えると言うことはレース後もダメージ少なかったのでしょう。良い傾向です。 ただ、白菊賞からだと阪神JFは中1週。さすがにG1挑戦は無さそうですね。

なんだかんだ言っても中央は賞金良いね

170万 ボヘミアン、ホッカイドウ競馬、フレッシュチャレンジ勝ち 300万 ショップインミラノ、南関大井新馬勝ち 700万 ラヴセンス、JRA新馬勝ち なんだかんだ言って地方と比べると中央の賞金は格段に良いですね。 しかもラヴセンスの場合、おそらく 内国産馬所有奨励賞で115万、 内国産牝馬新馬勝ち(※)60万、 記念品売却約30万、 (※)新馬競走および平地の未勝利競走(平成21年にあっては、2歳馬の競走に限ります)のうち、牝馬のみが出走できる競走以外の競走の1着馬が内国産の牝馬の場合、新馬競走については600,000円(平成21年の3歳馬の競走にあっては300,000円)、平地の未勝利については300,000円が交付されます。 のおまけが付くはず。 おまけでフレッシュチャレンジの賞金より高いやん。 愛馬の1勝に価値の差は無く、どれも嬉しいのですがちょっと考えちゃいますね。

改めてラヴセンス新馬戦

改めてラヴセンス新馬戦振り返り。 クラブコメント 11/8(日)京都6R・芝1400m戦でデビュー、馬体重は432kgでした。スタートはそれほど速くありませんでしたが、二の脚を利かせて先行し、好位のインを追走しました。直線はうまく馬場の真ん中に持ち出すとしっかり伸びて、最後は2着馬との叩き合いをマビ差制して1着、嬉しい新馬勝ちを飾りました。勝ちタイムは1.22.0でした。騎乗した藤田騎手からは「ゲートを出てすぐに外に逃げたし、道中も物見をするところがありました。直線で追い出してからもフラフラしましたが、デビュー戦だし仕方ない面もありますね。それでもきっちりと勝つのだから力はあります。あとはもう少し馬体に実が入ってくればいいですね」とのコメントがありました。 ブック紙藤田JKコメント 抜け出そうと思ったら相手に合わせてしまって、頭を上げていた。勝つには勝ったがまだ脚を余している感じ。ただセンスはいいし、体に実が入ってくればもっと良くなるよ。 クラブコメントも、ブックコメントも同じ感じ。 終い思ったほど切れなかったのは、二の足で脚使ったからと思ってましたが、まだまだ遊んで走っている様子。 多頭数の牡牝混合戦で勝ってなおかつ伸びしろありというのは、なかなかいい感じですね~ このまま順調に気性も体も成長して行ってほしいものです。 藤田JK、今後もうちの仔、よろしゅうたのんます。

ラヴセンス新馬勝ち!!

京都6Rでラヴセンス堂々の1番人気での新馬勝ち! 18頭立てでドキドキでしたがうまく先行して差しきってくれました。 いやー嬉しい。 3世代目で、社台・サンデー中央馬初勝利です。 <追記>藤田Jコメント、ラジオNIKKEIより 1着 ラヴセンス(藤田騎手) 「直線抜け出そうと思ったら頭を上げるような素振りを見せていました。最後も脚を余すような感じでした。レース振りにも余裕があるのでまだまだノビシロがありそうですね」 これで今年の2歳は中央地方とも全馬デビュー。 新馬戦の成績が 3-1-0-1 ちょっと出来すぎですね。 唯一着外のフェリックスも頑張るんだよ。

ラヴセンス、2枠3番

ラヴセンス、いよいよ日曜京都6Rの新馬戦でデビューです。 ブック紙の評価は ◎◎◎○◎○ で本紙○ 本紙対抗も◎が並んでます。こりゃ1番人気もあるかいな? 明日は過度な期待せず、自宅でゆっくり観戦予定。 頼むよ男藤田。 楽しみな新馬、ってウチの仔のコトでっか?

フェアリードールの08順調です

本日情報更新の、フェアリードールの08。 この中間はコース入りを開始しており、現在は周回コース1800mをハロン23~24秒の軽めキャンターで乗られています。コース入り当初は敏感な面も見られましたが、今では慣れ、落ち着いて調教できています。体を上手に使いとても柔らかくゆったりとしたフットワークを披露しています。馬体面では少しずつ後肢に力が付き始め、大人っぽいバランスに成長してきました。現在の馬体重は428kgです。 で、大人っぽいバランスの姿が、 じゃーん。 (more…)