マイネルアテッサまた転厩

厩務員の退職により、しばらく吉田厩舎の馬房の都合がつきそうにない状況です。これを受けて美浦の田島俊明厩舎へ転厩することになりました。来週の前半に入厩する予定です。 鉾田で放牧中のアテッサくん、吉田厩舎の馬房の都合がつかないとのことで田島俊厩舎へ転厩です。 藤沢和厩舎から、吉田厩舎へ一度転厩してますからこれで2度目… しかしなー、いくら馬房の都合がつかないといっても、左回りがからきしダメで、右回り直線平坦の京都、小倉、函館で好走しているアテッサを関東に転厩ってどうなの? ま、クラブはどっちにしろ左回りの中京使う気マンマンなんですけどね。

ボヘミアンは2着

船橋移籍初戦、碧空特別に出走したボヘミアンはアタマ差及ばず2着でした。 断然の1番人気馬をマークして、道中の手応えもよく勝ったと思って見てたんですが……4角で外にもたれてしまいました。 最後は詰めているんですが、アタマ差及ばず。 左海騎手「ゲートは問題なかったのです。道中の手応えは抜群だったので勝てると思ったのですが、3~4コーナーから外へモタれてしまいました。久々の実戦で息が少し重かったので次は変わるでしょう。」 出川克己調教師「まだ馬体に成長の余地を残している馬なので、無理には仕上げていません。それでも今日は勝てると思っていたのですが、外へモタれたのは誤算で、その分だけ負けてしまいました。勝って京浜盃というローテーションが崩れてしまい申し訳ありません。」 陣営は勝つ気満々だったようですね。 勝てなかったのは残念ですが、久々にちゃんと先行できたこと、改めてダートでも大丈夫だとわかったことはは収穫。しかもかかるような感じで行きたがる素振りはデビュー戦以来で好調の兆しと見ています。 腰もまだまだ万全じゃないようですので今後の走りが楽しみになってきました。

光が見えてきた

道中ふわふわしてちゃんと走ってくれないフェリックス。。 今回は、集中して走るようにチークを初装着ということでしたが… チーク効果か低評価を覆す好走、先行して直線も内からしぶとく伸びて3着確保でした。 丹内騎手「調教師からも蛯名騎手からも道中ふわふわすると聞いていて、3番手は取れたが敢えて馬込みに入れた。それでもふわふわしていたが、流れには乗っていたので仕掛けどころからは気を抜かせないように気をつけた。勝てる力はあると思うので、あとは競馬に慣れてしっかり走ってくれれば(中京1R3歳未勝利) まだふわふわ走っていたようですが、チークがこんなに効いた馬は初めてだったりして。 兎にも角にも次走の優先権を取ったのは大きいですね。 つーか今年初の3着内、複勝圏内確保ですー

ラヴセンス次はダート

新馬戦快勝後、追い切りの動きを実践に生かせず3走凡走を繰り返しているラヴセンス。 直前の追い切りを軽くして調整を変えるかダートにして目先を変えるか。いずれにしろ何か変えないと!というところでしたがダートを試すことに。 ちょうど牝馬限定の1400mダート戦が来週京都に組まれているので、タイミング的には良いでしょうね。

ボヘミアン調教試験

船橋移籍に伴う調教試験のボヘミアン。前夜からの降雪だけが心配でしたが無事合格しました。 能力調教試験(2月2日結果)<千葉県調教師会公式サイト> 平成21年度 第11回船橋競馬 能力調教試験<千葉県調教師会公式ブログ>動画もあり 2月2日(火)に船橋競馬場で山口達也騎手で調教試験を受け、800mを49.6秒の2着で合格しています。馬体重は 487kg、出川克己調教師からは「凍結している場所もあり、馬場が相当悪かったため回避することも検討しましたが、今後のローテーションを考えて受けることになりました。なるべく馬場のいいところを通ってもらって、無理はしなかったため、レース後も脚元に異常はありませんでした。予定通り2月15日(月)の船橋戦を目標に調整していく予定です。」 さすがに現地には行けませんでしたが、船橋は動画を公開してくれてるのはありがたい。 まずは地元で一叩きの予定です。