一週間でGWへお帰り

7/21に栗東へ入厩したフィエラメンテですが先週7/24の調教中に左前脚球節あたりを捻挫したとのことで、一週間でGWへ逆戻り… 調整中に捻挫ってなんだかなー。走ってる時なのか止めるときなのか知りませんが乗り役誰だよっ、って感じですねー。がっくし。 ま、幸い骨には異常ないようですので(って人間でも骨折より捻挫の方がタチ悪いことあるからなぁ…)、GWでしっかり治してもらいましょう。 さらに、7/25に出走したラヴセンス。こちらは、小倉への輸送で馬体が減ったため無理をせず、山元へ放牧。 7/24に出走したマイネフェリックスも、鉾田経由でBRFへ放牧。 と期待の中央牝馬がみんな夏休みモードに入ってしまいました。。。

うううハナ差

ジェラシャンスのレース結果を携帯で見るのを我慢して家へ。録画していたMXを再生… スタート切って、外からわっと来られて先団は厳しい先行争い。ジェラちゃんは先行争いに巻きもまれることなく内々で追走。 4角も内ついて上がっていって直線先頭!をを、今日は楽勝、口取り一回逃しちゃったなーとか思いつつ見てたら外から一頭ブッ飛んで来て…… うーん、惜しい。ハナ差、差されちゃいました。先行激化で差しが効いちゃいましたね。 ジェラちゃんホント良く頑張ってるのになー。ちょっと勝ち運ないな。 次こそは久々の勝利を、お願いしますです。

7回大井出走予定

今開催も夏場元気な2頭の出走です。 中央と違って元気であれば開催毎に必ず出走できる大井のお馬さんたちは有難いです。 第3日 C3(六)(七) ジェラシャンス(水野) ようやくソニックウインドと別の組に。今度こそ今度こその優勝を期待していますが、人気は前走1着の馬のほうが上なのかな? 応援にはいけませんがキッチリ勝ってね。 第6日 C3(一)(二) サングエブル(達城) 前走はヤネがうまく馬を走らせられませんでした。C3では軽く勝ってもらわないと…。ヤネは誰になるのかな?

殿×2

週末出走した3歳牝馬、マイネフェリックスとラヴセンスは仲良く見所なく殿負け。夏に強い牝馬というのは我が舎には当てはまらないのか… 何よりも気性的問題で走ってないのが悩ましいところ。牝馬なのでヤル気を元に戻すのは難しいよなぁ。 一応フェリックスは鉾田経由でBRF放牧。フェリックスは栗東に戻ってから判断ということらしい。 中央の500万でこれだと負のスパイラルに陥っちゃうなぁ。

ショップインミラノ惨敗

悪夢の落馬競走中止から十分間隔を開けて出走したショップインミラノ。 [caption id="attachment_799" align="aligncenter" width="320" caption="メンコも一新、気分も新たに"][/caption] +14Kgの馬体重も、馬体に貼りがあり成長分?筋肉が増えた?と思わせる好馬体をパドックでは披露してくれました。 [caption id="attachment_800" align="aligncenter" width="320" caption="+14Kgも好馬体を披露"][/caption] あとはスタートだけ、騎手を落とさないでくれよ~、と見ていたのですが。。。。 ミラノちゃんフワっと煽って出ちゃいました。前走の落馬もあってか圭太自信がフワっと行って馬を出して無かったですね。 今日の船橋は差しがことごとく届いてません。こりゃマズイと思った通り3、4角で捲って見せ場はつくるも直線失速の8着。よもやの敗戦となってしまいました。 前走2完歩目で躓き圭太を落としたミラノちゃん。間隔を開けて精神面をケアしましたが、圭太の精神面がケアで来てなかったようで… 戸崎騎手「ゲートの中でも落ち着きがなく、前走躓いたことも頭にあったためスタートから出していけませんでした。テンションが高いので、次は1200mを使ってみてください。」 川島調教師「馬の仕上がりは万全だったのですが、騎手が恐がってスタートを切れませんでした。テンションとか距離の問題ではないです。」 圭太は距離短縮をと言ってますが、川島先生は距離もテンションも関係ないと、らしいコメント^^; さて、次走どうしますか。 ヤネが落馬怖がってスタートできないようだとどうしようもないのですが。

3歳牝馬勢戦線復帰

夏に強い牝馬というわけでも無いのでしょうが、今週末一気に3頭の3歳牝馬がレースに戻ってくる予定です。 まずは新馬勝ちするもその後の走りが冴えず、休養していたラヴセンス。 7/25(日)小倉・芝1700m戦か芝1800m牝馬戦のどちらかで戦線復帰予定です。鞍上はルーキーの高倉くんを予定してるとか。 相変わらず調教では軽快な走りをみせているラブセンス。もう一度芝を使って出直しです。デビュー勝ちしたようにポン駆けするタイプでしょうから▲の恩恵も受けて初戦から注目です。 鉾田に短期放牧に出ていたマイネフェリックスも、すでに帰厩。 7/24(土)新潟の三国特別にも登録しています。ただ今の時期芝に比べてダートの方が出走が難しく、今週は節が足りるかどうか。ただ調子はよさそうとのことなので、未勝利勝ちした時と同じ舞台、新潟のダート1800m戦での走りに注目です。 ここで一度芝使ってくれないかなーとも思うのですが… そして、悪夢の落馬競走中止からすこし間隔を開けて調整されていた、船橋のショップインミラノも7/23(金)船橋C1(ニ)(三)組・距離1600mで復帰予定です。 当初1800mを試す予定が番組不成立でこの番組へ。勝ち鞍のある1600mなら軽く突破して欲しいところです。

2着、10着

1着を期待して大井で出走したジェラシャンスとサングエブルは2着と10着。両馬とも優勝なりませんでした。 まずは、3日目のC3戦のジェラシャンス。 [caption id="attachment_781" align="aligncenter" width="320" caption="いつものようにテンションは高め"][/caption] こちらは戦前予想したとおり、目の上のたんこぶソニックウインドにまたも敵わず2着。 でもジェラちゃん安定してよく頑張ってます。 上がりの検量室前でソニックウインドの堀先生に「いつもこの馬が前にいるんですよ~」と談笑。「次は別の組でしょう」と掘先生。 ま、こんなやりとり出来るのも地方競馬ならではですね。次こそは1着を取ってもらいましょう。 そして6日目のC3戦に登場したのがサングエブル。 [caption id="attachment_782" align="aligncenter" width="320" caption="三村JK初騎乗"][/caption] C3に降級して相手が軽くなったので楽勝~、と思いきや、よもやの良いところ無しの10着。 こちらはテン乗りの三村くん曰く「脚を余した」と。今日は内々を追走して外出すタイミングが全く図れてませんでしたね。難しい馬なのですがもう少し何とかして欲しかったところ。 幸いほとんど競馬しておらず息もすぐ戻ったとのことで、次開催リベンジです。 6日目の馬場は時計が早く逃げた馬が残る馬場だったので、変に入着、賞金加算でC2に昇級するよりは着外で良かったと考えることにします。

大井出走予定

今開催も元気に村上厩舎勢2頭出走です。 第3日 1R C3(七)(八) ジェラシャンス(水野) 前走は直線不利があっての5着。そろそろスカッと勝って欲しいところですが、今回も目の上のたんこぶ、ソニックウインドと同じレース。今回こそは先着して1着を! 第6日 6R C3(一)(二) サングエブル(三村展) 気がつけば賞金4万9千円足らずC3降格。ま、前走3着でC2戦でも勝ち負けと思っていただけに、C3でキッチリ勝って勝利の味を思い出させてもらいましょう。 ん?三村展?初めて見た^^;船橋の若手のようですね。頑張ってもらいましょう。

マルカパールの09

マルカパールの09(父ホワイトマズル) [caption id="attachment_767" align="aligncenter" width="320" caption="マルカパールの09(父ホワイトマズル)"][/caption] 今年地方オーナーズは出資しないと誓い、ツアーに参加したのですが… 周回展示の力強く、運動神経の良さそうな歩様をみて一目惚れしちゃいました。 [caption id="attachment_768" align="aligncenter" width="320" caption="ツアーで一目惚れ"][/caption] ま、一目惚れと言っても大好きだったディスコホールの血統。ちょっとは気になっていたんですよね。 今年ボヘミアンで果たせなかった東京ダービー出走の夢を叶え、マズルブラストのように長く活躍してくれるお馬さんになってくれるといいな。

フォーノーワンの09

フォーノーワンの09(父ヘクタープロテクター)。 [caption id="attachment_753" align="aligncenter" width="320" caption="フォーノーワンの09(父ヘクタープロテクター)"][/caption] ヘクター好きとしては、今年は(※)我慢できませんでした^^;。カタログ、DVDを見た時点でツアーで余程のことが無い限り応募しようと思っていた馬、いい馬です(親ばか)。 ※昨年のエアベリーニの08はフェアリードール08が取れたので、踏みとどまりました [caption id="attachment_756" align="aligncenter" width="320" caption="栗毛の好馬体"][/caption] 社台唯一の地方チャレンジ馬ですが、これは地味な父、ダートも走れる血統的な背景から中央枠から漏れただけでしょう。 入厩制限で募集頭数が減らなければ間違いなく中央に入っていた馬、総額1400万というお値段も社台さんの自信の現れかな?(中央募集ならもう数百万高くなってたとか)。 地方からのスタート、中央ファンドと違い引退時牝馬買い戻しも無いなど不利な条件は百も承知。しかしそれを補って余る魅力を私は感じました。 クラブ馬なので、中央挑戦に9万円の通行税(正式名称は登録免許税)も要りません、場合によっちゃ中央移籍もありえます。 地方中央関係なく、たくさん走って楽しませてくれる仔になってくれれば嬉しいですね。

社台1次募集結果

地方ファンド 第1希望 フォーノーワンの09 ◯ 地方オーナーズ 第1希望 マルカパールの09 ◯ マルカパールはかなりの激戦と聞いていただけにドキドキでしたが、2頭めでたく第1希望で確定です。 中央ファンドがいない滑稽なドラフトですが^^;、気に入った馬選んだらこうなっちゃいました。 ご一緒の皆様よろしくお願いします。

確かにキツイ展開だったけど

福島の未勝利戦に出走したヴォロンテールは、気分よく先行するも直線失速の14着。 流れが落ち着かず先行馬には不利な展開になってしまいましたが、うーん。ちょっと勝ち上がるのはキツイかもしれませんね… チャンスはあと1、2回というところでしょうが頑張って欲しいです。 松岡騎手「3コーナーでペース上がるまでは良い感じでいけていたのですが、一気にペースが上がり、この馬にはキツい展開になってしまいました。距離は問題ありませんでしたが、マイペースで直線まで行ければ、もっと粘れると思うのですが」 齋藤調教師「展開も向かなかったみたいですが、もう少し頑張れると思っていただけに残念です。次走への権利も取れませんでしたので、短期放牧を挟んで節を開けて交流戦への出走も検討したいと思います」

今週の中央出走

今週は、日曜福島6R3歳未勝利(芝2000m)にヴォロンテールが出走します。 思えば去年、すぐ勝ち上がれそうとスケベ心をだして締切り直前に出資したのがヴォロンテール。結果、現時点で3歳世代で唯一勝ち上がっていない仔になってしまいました^^;; さて、交流戦も申し込んでいたようですがそちらは選ばれず、出走できるレースでということで混合戦の芝2000mになってしまいました。 正直2000mは長いと思いますが、鞍上には松岡くんを配してくれましたしなんとか格好つけて次走の優先権(5着以内)を目指して欲しいです(超弱気)。

サングエブルは2歩前進

大井のC2戦に出走したサングエブルは久々の馬券圏内3着でした。 [caption id="attachment_740" align="aligncenter" width="320" caption="サングエブル、パドック"][/caption] いつも通り後方。でも最後方というわけでなく徐々にポジションも上げ4角回ったところでは久々に差し切るか?という勢いで突っ込んできてくれましたが逃げた馬をとらえ切れず3着入線。 達城騎手「時計のかかる(上りのかかる)馬場は合っていて、スムーズな競馬ができたのですが、前残りの展開になってしまいました。もう少し坂井騎手が逃げた馬を捕まえに行ってくれれば、差し切れたのですが。でも夏場で状態はいいので、流れさえ向けば勝てると思います。」 村上調教師「坂井騎手が後ろの馬ばかり気にしていたので、逃げ切られてしまいました。状態がいい時だけに勝ちたかったです。申し訳ありません。」 3戦続いた5着から2歩前進、これから得意の暑い季節。中1週開催が続きますが次こそは久々に豪快な差しきりがみたいなぁ。