嗚呼フィエラメンテ

待ちに待ったフィエラメンテのデビュー戦。狙うはもちろん新馬勝ちだったのですが……10着、ほろ苦すぎるデビュー戦となりました。 [caption id="attachment_986" align="aligncenter" width="320" caption="仕上がっているようにも見えたが…"][/caption] パドックで見た印象を正直に書くと、トモがゆるい、ツアーで見た時の迫力、力強いトモの踏み込みが見られない、集中してない…… 正直良く見えませんでした。外見上出来ているようにもみえるのでしょうが、この仔の良さはこんなもんじゃありません。 (帰宅してグリーンチャンネル見てびっくり、パドック解説Nさんの推奨1番手とか。ありえませんよ^^;) [caption id="attachment_987" align="aligncenter" width="320" caption="川田くん騎乗!"][/caption] でも親ばか馬主はこれで走っちゃったら大変だぞ、と淡い期待をしつつレースを迎えました。 スタートははポンと出たものの心配したとおり、フワフワ走ってるしパトロール見ると最後舌越して走ってたように見えるし、まったく真剣に走ることなく終了。 んーそれにしても10着は負けすぎだなぁ。 外傷で厩飼いしてて、キャンターに戻したのが約1月前。急ピッチで調整されたとはいえ精神的にも肉体的にも出来てなかったというところに敗因を求めるしか無いな。 次だ次。

フィエラメンテいよいよデビュー

今週の中央出走 10/31京都4R 障害オープン リーチマイドリーム(石神) 10/31京都5R 新馬 フィエラメンテ(川田) ようやく待ちに待ったフィエラメンテのデビューです。 馬は順調に行ったと思ったら、今度はお天気が……良馬場は望みませんが台風一過でお天気だけは何とか何卒~ 当初フィエラメンテと同じレースに回ってくると噂されたユニバーサルバンクは土曜日の2000mへ。赤黒ばってんの同士討ちはなんとか回避。鞍上は先週菊花賞を勝って乗ってる(はず)の川田くんでスカッと勝ってくれれば言うこと無いのですが。 リーチマイドリームもフィエラメンテに合わすかのように京都で出走。こちらは初のオープン戦、力試しの一戦となりそうです。

サングエブルとジェラシャンス

大井はお客様感謝デーの土曜日、村上厩舎のサングエブルとジェラシャンスに会ってきました。 まずはサングエブル。さすがに的場さんにぶっ叩かれたレース翌日ちょっと疲れてるとのことですが飼い葉食いは旺盛。 [caption id="attachment_977" align="aligncenter" width="320" caption="飼い葉モリモリ、サンちゃん"][/caption] ちょうど獣医さんがやってきて、疲れを取るためにお注射一本打つことに。サンちゃん、注射中はとってもおとなしくしてました。後1戦頑張るんだよー [caption id="attachment_978" align="aligncenter" width="320" caption="一本いっとく?"][/caption] こちらは快勝後のジェラシャンス。レースに行くとあんなに入れ込むジェラちゃんですが、厩舎ではホント良い仔です。 流石に疲れが出たようで予定通り今シーズンは終了。放牧に出る予定です。 [caption id="attachment_980" align="aligncenter" width="320" caption="お疲れジェラちゃん、ゆっくり休んで鋭気を養ってね"][/caption]

サングエブル悔しい2着

初の大井同一開催3連勝は成らず… サングエブルはハナに近いアタマ差届かず2着でした。 [caption id="attachment_968" align="aligncenter" width="320" caption="今回はチーク着用だが…"][/caption] 今回は前走後、的場さんの進言通りシャドーロールを外し、チークをつけての登場。 [caption id="attachment_969" align="aligncenter" width="320" caption="的場さん騎乗!"][/caption] 頭数も10頭と手頃な頭数、今回こそ差し切りを期待してのスタートだったのですが… スタートから的場さんほとんど追い通し、向こう正からはステッキもバチバチ入って力技でサンちゃんを動かしてくれてます。 その甲斐あってサングエブルも中団から直線も外をジワジワ伸びてきて… ををを!!こりゃ差し切るぞ!と「文男!文男!文男!」の絶叫も虚しくダーウィン号に際どく迫ったところがゴール。サングエブル52戦目にして初の2位入線となりました。 くーーーーーーーーー悔しい。 上がってきた的場さんは追い通しで汗だく、ヘロヘロデス。「馬から落ちるかと思ったよ(笑)」というほど追ってくれたのですが…ウチのサンちゃんがほんとすいません。 で今日のキメの一言が「チーク要らないな。無かっら勝ってたよ」って、的場さぁぁん、チーク付けようって言ったの的場さんじゃないですかぁ^^;; でも、あれやこれや馬のために考えてくれて、我々が納得するように実践してくれる的場さんには本当に頭が下がります。 今回で休養に入る予定だったサンちゃんですが、的場さん曰く「馬は元気だよ、全然疲れてない」ということなので、もう一丁続戦することになりました。

ジェラシャンスも快勝~

予定では今期最終戦のジェラシャンスですが、今日のジェラちゃんは強かった!横綱相撲で快勝でした(C3戦だけどね)。 馬体重は-9Kgでパドックでは少々入れ込み気味。いつもよりさらに早く集合前にさっさと水野JKを乗せて本馬場へ入って行きました。 [caption id="attachment_958" align="aligncenter" width="320" caption="停止合図を待たず本馬場へ"][/caption] 大井の1400戦では圧倒的な不利の外枠引いたしちょっと強気にはなれないな、と内心思っていたのですが… レースは好発からすぐ内の11号、9号馬が逃げて上手く導いてくれる形で先団へ。 しかし外枠から上手く先行できたものの内から4、5頭目の外々をずっと回る展開。それでも4角外を回って先頭にとりついて直線へ。 しばらくはジリジリモタモタといつものジェラちゃんでしたが直線半ばからもう一踏ん張り。一頭だけ脚色良く伸びで2馬身差をつけての歓喜のゴール。 え、ジェラちゃんこんなに強かったっけ?って内容で完勝でした。 [caption id="attachment_959" align="aligncenter" width="320" caption="レース後のジェラちゃん。やったね。"][/caption] 今日は岐阜から初めていらっしゃった方を含め多くの共有の方と口取りができました。やはり大勢での口取りはいいですね。こんな日にちゃんと勝つなんてジェラちゃん偉い。 それにしても水野JKとジェラちゃんの相性は抜群。騎手でこんなに馬が変わるなんて、今期は水野JKとの出会いが大きかったですね。水野JKにはホント感謝です。 さぁこれで今開催2連勝。明日のサングエブルで3連勝なりますか。 的場さんたのんます!

カーサノーヴァ快勝!

カーサノーヴァが10/18大井のオフト新潟賞を快勝しました。 大井に着いたのが発送3分前。 すぐさまお仲間のリスリンさん、ペピートさんを見つけカーサノーヴァの様子を伺うと、-5で見た目もそんなに絞れてないけどまずまず走れそうとのこと。 まぁすぐに発送なのでじたばたしても仕方ありません、スタート大きく出遅れ無いことだけを願っていざ発送デス。 カーサくん、まずまずのスタートでゲートは出ましたが最内に閉じ込められ身動き出来ない状態。まさに魔のトライアングル(みどりのマキバオー)状態^^; 馬群が密集してるので内はつけそうもないしマズイなーと思ってたら、坂井JK後ろまで下げて大外持ち出して捲くって来ます。 4角も4、5頭分大外をまわりますが距離ロスもなんのその、脚色抜群一気に差し切り~。\(^^)/ [caption id="attachment_953" align="aligncenter" width="320" caption="口取り前のヒトコマ"][/caption] こんな予定通り行っていいのか?って感じでリスリンさんペピートさんと揃って口取りそして楽しい祝勝会へ。 お天気も良かったし明るい本馬場で写真撮ったしいい口取り写真になるといいな。 一番人気で、道中の不利を跳ね返し、大外廻って楽に勝ってくれたカーサくん。まだまだ上昇が見込めそうで次走も楽しみになってきました。

12回大井出走予定

中1週開催ですが大井組は元気に3頭出走です。3頭共に勝利の期待がかかる開催で力が入りますね。 大井第1日 オフト新潟賞B3三特別 カーサノーヴァ(坂井英) 今回は坂井英JKが乗ってくれますねー。絞れていれば勝ち負け期待です。 大井第4日 C3(二)(三)  ジェラシャンス(水野) 落馬負傷で浦和開催も休んでいた水野JKですが、大井初日の出走表に名前があるので大丈夫なのでしょうか。水野JKに手が戻れば! 大井第5日 C2(十二)(十三) サングエブル(的場文) 的場文男さんで3度目の正直。今回はチーク着用で。とにかく道中サンちゃんが的場さんの言うことを聞いてくれるかどうかだけ。

10/31目標に

フィエラメンテは本日始めて速めの追い切りを行い、栗東の坂道を半マイルから53.3-38.9-25.7-12.9。 正式に10/31のメイクデビュー京都芝1600mを目標に進めることが発表されました。 さて、天皇賞(秋)の裏開催。JKは誰が関西に居残ってるのかなぁ。 #豊様がフォゲッタブルの回避でもしかしたら空き家?? 馬運車で暴れてケガの前科がなければ、東京の牝馬限定戦に連れてきて!と言えるんだけどな^^;;

ようやくデビュー目標が

5月にはGWに移動して夏デビューかと思われてたフィエラメンテ。しかしその後、 入厩→捻挫→GW→入厩→馬運車で暴れて外傷→厩飼い と頓挫を繰り返して季節はもう秋… ようやく10/8に2度目のゲート試験で合格しその後も順調なようでようやく具体的なデビュー目標が立ってきました。 10/31(日)京都・芝1600m戦か、11/6(土)京都・芝1600m戦が候補のようですが、10/31は天皇賞デーなので有力騎手は東京のはずなのでそのへんがちょっと心配。 11/6だとなにやら橋口先生のディープっ仔や金子さんのディープっ仔とあたっちゃうのかな? 兎にも角にも順調にお願いします。

6着6着

先週末大井で出走したサングエブル、ジェラシャンス共に6着。両馬とも勝利を期待していただけに…… [caption id="attachment_932" align="aligncenter" width="320" caption="的場さんと村上師で最後の打ち合わせ"][/caption] サングエブルは、的場さん曰くとにかく動いてくれないと。的場さんでも動いてくれませんか^^;>サンちゃん 次走は的場さんの進言で、シャドーロールやめてチークを再装着する予定。 ジェラシャンスは兎にも角にも主戦の水野騎手の負傷乗り替わりが痛かった… せっかく雨が降って得意の湿った馬場になったのに、復帰戦から続けていた入着も途切れてしまいました。 ただゴール前はあきらめずにちゃんと走っているので次走に改めて期待ですが、水野騎手の怪我の具合が心配です。

カーサノーヴァ復帰戦は4着

大井のペガサス賞で復帰したカーサノーヴァは4着でした。 発表馬体重で+13Kg。ありゃ?パドックに登場したカーサノーヴァを見てありゃりゃ?ゆったりとした腹目、こりゃ太い。 [caption id="attachment_925" align="aligncenter" width="320" caption="腹目にかなり余裕が…"][/caption] 確か山元で仕上げてきたはずだけど。。。Sさんも「太い」と首をヒネるばかり。 先週川崎で勝ったバルバンクールと一緒に仕上げてカーサの方が仕上がりいいとの報告だったとか。体重は山元->小林、小林->大井と輸送しているにもかかわらず山元と一緒。どこでそんなに太ったのカーサくん^^; [caption id="attachment_926" align="aligncenter" width="320" caption="森泰斗くん騎乗!"][/caption] ただレースは出遅れもせず中団で進めたし、この出来で4着に着てるのでクラスには完全に目処がたった感じ。兎にも角にも次走絞って出てきてください。天高く馬肥ゆる…にならないようにね。

11回大井出走予定

カーサノーヴァが今開催から戦線復帰です。 大井第1日 ペガサス賞 B3(三) カーサノーヴァ(森泰斗) 大井第5日 C2(十二)(十三) サングエブル(的場) 大井第6日 C3(一)(二) ジェラシャンス(水野)

障害初勝利

リーチマイドリームが入障3戦目で嬉しい初勝利。 我が舎でも嬉しい障害初勝利となりました。 直線入口では離れた3番手で半ば諦めてましたが、最後の最後で前が止まってくれました。 リーチマイドリームも最後まで諦めずよく頑張ってくれました。 そういや一口初勝利は石神くんだったなぁ。 そして障害初勝利も石神くん。彼とは何か縁があるのかな。

どうしたボヘミアン

もう先週のことですが、船橋の船橋競馬&船橋オート60周年賞 B3(二)に出走したボヘミアンは8着でした。 +13Kg、475Kgの馬体で登場したボヘミアン、具合は良さそうでしたがパドックではしきりに物見をして集中力を欠いているようにみえました。でも実績のあるマイル戦、湿って早い馬場も好材料好走してくれることを信じて疑わなかったのですが… [caption id="attachment_914" align="aligncenter" width="320" caption="終始物見して…"][/caption] 御神本騎手か「3コーナーまでは楽勝してくれそうな手応えだったのですが、コーナーへ入ると外へ外へと張ってしまいました。何か苦しいことか嫌なことがあったためか、直線では完全に走るのを止めています。申し訳ありません。」 出川克巳調教師「前走時とは追い切りでの動きが違っていたので、今日は期待して見ていたのですが、ここまで負けるとは予想していませんでした。申し訳ありません。3コーナーから外へ張って乗りずらそうでしたが、直線では全く伸びなかったのでショックです。東京湾カップの後の大井戦から同じようなレースが続いているので、疲れが完全にぬけきっていないのかもしれません。気性的な問題も考えられるので、次は右回りの大井でブリンカーを着けてみます。それでダメなら放牧に出す予定です。」 うーん、ホント3コーナーまでは楽勝~と思って見てましたよ。 単に走る気がなかったのか、目に見えない疲れなのか…ボヘミアンの南関での1勝遠いですね。 10/18からの12回大井での巻き返しに期待です。