ユーノーマイネーム、デビュー予定

6/28の能力試験の後も社台Fで順調に調整されているユーノーマイネームですが、8/10門別のフレッシュチャレンジ(ダ1200m)を目標にするようです。 この開催賞金の高いスーパーフレッシュチャレンジもあるんですけど距離が1700mですしね。 あと少し、順調に行くことを願うだけです。

愛馬次走報

まずは中央馬 ラヴセンスは8/6新潟の芝1400m戦を伊藤工で復帰予定。 後がないフィエラメンテは7/28に札幌へ移動。8/13の牝馬限定未勝利ダ1700mに三浦皇成で出走予定。 しかし何で札幌まで連れてってダートなんでしょ。砂かぶって走る気無くして終わりじゃないの?そんな急にこの悪癖治らんでしょ。 大井所属のカーサノーヴァ。一開催飛ばす予定が調子が良いということで8/3大井の盛夏賞・B1(二)B2(二)組に出走予定。登録馬見ると前走、坂井英が乗ってるお馬さんいませんね。坂井くん乗ってくれるから出走なのかな?B1との混合戦でどれだけやれますか。

はいはい3着

函館に出走したマイネフェリックスは1番人気に支持されるも3着でした。 逃げ馬を見ながら余裕を持って横綱相撲の競馬をするも、逃げた馬を捕まえきれず後ろからも差されてって。 普通の1番人気の乗り方って言ったらそうだけど、ほぼ前走のVTRを見ているような競馬。 正直全く工夫の無い騎乗。テン乗りじゃないんだし。これだから勝てないジョッキーはという騎乗にしか見えないですね。 岡部さんの真似すんのなんて300万年はやいわ!!!!! 丹内騎手「前回と同じで前を捕らえられないのが分からない。直線入口で相手に並んでいくと手応えがあらあらになってしまうが、バテている感じもない。状態も悪くなかった。勝ったときのように逃げてしまった方が良いのだろうか」 「良いのだろうか」って今頃なにいってんねん、何回フェリックスに乗ってんねん。 もうホントもう乗らないで欲しいというのが正直なところ。 前回指摘したように競った時勝ってない馬。ずるいところ出して最後は一生懸命走ってないのでしょう。 逃げるか捲って突き放すかじゃないと。

今週の出走

7/24 函館7R 500万下(牝) マイネフェリックス(丹内) 前走2着。500万では改めて力を見せてくれましたが、今回は牝馬限定にしてはメンバーが揃った印象。藤田のヤマニンは外、隊列はどうなりますか。 ここは確実に勝っておきたいところなんですが、相変わらずの鞍上だけに強気にはなれません。

サングエブル引退

6/30の大井戦で左前を負傷したサングエブルですが、診断の結果左前の繋靭帯が損傷していることが判明、引退することになりました。 [caption id="attachment_1418" align="aligncenter" width="320" caption="左前、かなり腫れてます…"][/caption] サングエブルは初めて所有した地方馬で初勝利をプレゼントしてくれた馬、そしてなにより60戦(取消1)無事に走ってくれ大井の楽しさを教えてくれたお馬さんでした。 2歳6月左前の繋靭帯を痛めデビューは早期で最後の3歳の3月、大井では年度の変わる直前の3/30日。直前の能力試験ではタイムオーバーぎりぎりで合格ということで全く期待してませんでしたが…あっと驚く逃げきり初勝利(当時のエントリー:ホントに勝てるとは思ってもみなかった訳で)。興奮のあまりウィナーズサークル入口前で転倒^^;携帯を壊したのはいい思い出です。 その後は一転レースで前に行くことすら出来ず競馬にならないレースが続いたサングエブルですが、浦和の繁田騎手との出会いが運命を変えてくれました。繁田騎手に後方から追い込む競馬を教えてもらい徐々に競馬を覚え入着できるように。 繁田騎手では勝つことが出来ませんでしたが、ほんと感謝しています。 その繁田騎手からバトンタッチを受けた戸崎騎手、山田信騎手、真島騎手で4勝。そして去年なかなかレース中鞍上の言う事をきかなくなったサングエブルに的場文男騎手を起用。的場さん、ほんとヘトヘトになるまで追って追っていう事聞かせて最後は0.7秒差の圧勝。 休養して飛躍を期待された今年だったのですが。。。 [caption id="attachment_1419" align="aligncenter" width="320" caption="的場さんを背に。これが最後の勝利となるとは"][/caption] でもホント59回も元気な走りを見せてくれたサングエブルには本当に感謝です。 セグチさんの近郊の牧場で乗馬になるとか。サンちゃんに幸せな馬生があることを祈って。 [caption id="attachment_1420" align="aligncenter" width="320" caption="厩舎にて。人参あげていっぱいいい子いい子してあげました"][/caption] ありがとうサングエブル。

中央も2着発信

クラス再編成前に500万快勝し、短期放牧され戻って来たマイネフェリックス。 勝った時と同条件の500万下でチカラの違いは見せてくれませたが、惜しくも2着。 1番人気の豊さんの馬は封じたんだけど逃げた馬を捉えたと思ったら差しかえされちゃいました。 思えばフェリックスは直線競って勝った事が一度も無いんですよね^^; 勝つ時は引き離して楽勝パターン。 ダビスタで言ったら勝負根性Cって感じでしょうか。 でも500万下の牝馬限定戦ならヤネがとうあれ順番は回ってくるでしょう。

スプレッドスマイルの10

地方共有馬はこの仔。 スプレッドスマイルの10(父デュランダル) 追分の募集馬展示で人気になってるK厩舎入厩予定の馬を見に行った時隣にいたのがこの仔。こっちの方がよく見えるじゃん(あくまで主観)。 [caption id="attachment_1406" align="aligncenter" width="320" caption="募集写真より全然良いです"][/caption] 丁度地方担当のSさんもいらっしゃって「募集時の写真よりずいぶん良くなってますね」などとお話ししてましたが、川崎入厩ということで躊躇してました… [caption id="attachment_1401" align="aligncenter" width="320" caption="気性もデュランダルの悪いところは出てないとのこと"][/caption] で、踏ん切りつかないまま応募締切日。その時点で候補はこの仔も含めて301と303。昼に事務所に電話して票数聞いたり。 その日は丁度、船橋でボヘミアンが出走。ボヘミアンが好走したら共有申し込み、凡走したら様子見と心に決め船橋へ向かいました。 結局ボヘミアンは見事凡走^^;これで、様子見かなと思いつつ、レース後馬の様子を見に検量室前行き、共有のお仲間さんと話していると、Sさんが「内田先生来てるので連れてきましょうか?」と言いつつ消えたかと思うと、ホントに内田先生と共に再登場。「スプレッドスマイルの10で悩んでらっしゃるんですよ」などと紹介されつつご挨拶。で案の定「スプレッドスマイルの10良いですよね〜良くなってますよね♪」とお話は盛り上がり……… これもご縁ですね。

アグネスショコラの10

珍しく土曜日に結果通知書が到着。まずは中央出資馬の紹介です。 アグネスショコラの10(父マヤノトップガン) 募集写真で、トップガン産駒にしては逞しいトモ、バランスの良い栗毛の馬体にに一目惚れ。 [caption id="attachment_1393" align="aligncenter" width="320" caption="栗毛の好馬体に一目惚れ"][/caption] 今年初めのお仲間さんの集まりで、今年は社台らしいサンデー系のお父さんで…と宣言していた前言撤回^^;懲りもせずまたBT系に行ってしまいました。 [caption id="attachment_1409" align="aligncenter" width="320" caption="流星はSS風?"][/caption] マヤノトップガンは大好きな馬で、初年度産駒のマイネルジェムから出資し毎年注目している馬。今までラフィアン、社台で見てきたトップガン産駒の中でも屈指の出来、この仔に出資しなかったらちょっと後悔しそうなので、今年は迷わず行ってしまいました。 ダートに出ても構わないです、長く楽しませてくれる仔になってくれれば。  

カーサノーヴァ2着

大井の週刊ギャロップ賞に出走したカーサノーヴァは2着でした。 [caption id="attachment_1384" align="aligncenter" width="320" caption="好状態をキープ、後は距離?"][/caption] 今回は番組の都合上1800m戦。距離が合うけど内回りのマイルが良いのか、距離長いけど直線長い外回り千八が良いのか…って感じですが、今回は展開も良く内から2着まで押し上げてくれました。 坂井騎手「的場さんが飛ばしてくれて差し馬にとっては絶好の流れになり、直線でも前が開いたのですが、残り1Fから脚色がダラダラしてしまいました。最後は勝ち馬と脚色が同じだったので、少し距離が長かったのでしょう。時計も速すぎました。」 やはり距離はちょっと長そうですね。 でもカサノヴァくんよく頑張ってくれてます。

今週の出走

7/3 函館7R 500万下(牝) マイネフェリックス(丹内) 500万勝利後短期放牧、降級して函館復帰です。 御用達の騎乗馬集めのために函館に召喚されたようですが、輸送のない、涼しい函館で過ごせるのは(ヤネに壊されなければ)プラス材料でしょう。

社台は決定かな

本日社台・サンデーであった満口馬、一位で40口超える馬の発表の結果、希望通り2頭の出資、共有が決まりました(郵便事故など無い限り)。 中央馬 33 アグネスショコラの10 地方馬 313 スプレッドスマイルの10 詳しいご紹介は正式に結果通知が来てからということで。

サングエブル故障

最近良いこと無しの我が舎ですが、上半期締めの日にサングエブルが故障とは… 達城騎手「直線追ってから反応が全くなかったので、おかしいと思っていたら、レース後、戻ってくる時に左前脚をおさえていました。」 村上調教師「レース後の歩様が悪いので、確認したら左前脚の球節が腫れていました。おそらくレース中に故障したのでしょう。明日獣医師に診てもらいますが、続戦していくのは厳しいと思います。」 丁度60戦目、今まで59回はケロッとして帰ってきてくれたのですが。 今日詳しく検査するようですが、現役続行は難しいようです。 これで、今年に入ってジェラシャンスに続いて丈夫に走っていた大井本場馬の故障。冬から異様に早くなった大井の馬場もきっと影響していることでしょう…