今年の競馬終了

いかん、年が開けてしまう。。 今年最後の愛馬出走の大井は、カーサノーヴァ13着、ボヘミアン4着でした。 [caption id="attachment_1616" align="aligncenter" width="320" caption="歩様も良く好調そうだったのですが"][/caption] 坂井騎手「状態は良かったと思います。超スローペースの展開で途中から動いたのですが、直線では脚色が一杯になってしまいました。前の馬がかなり楽をしていたので、追い込み馬にとっては厳しい流れでした。」 後ろから良く馬だけに致し方ない。。。調子は良さそうなだけに次は良いレースを期待です。 [caption id="attachment_1617" align="aligncenter" width="320" caption="うーん、残念4着"][/caption] 石崎駿騎手「失敗しました。勝てたレースでした申し訳ありません。1200mなので好位置につけようと思い、肩ムチを一発入れたら掛かってしまいました。道中力んで走ってスタミナを消耗さえてしまったため、直線伸びを欠きました。」 深いブリンカーに替えたからか、この馬には珍しくパドックでも気合が出てました。森下師もショックウェーブ使って馬のケアしてくれて効果が出ているようです。状態はまだまだ上がっている途中のようですし、次走はさらに良い走りを期待です。

16回大井出走予定

いよいよ今年もラスト。連勝締めでお願いします。 大井第1日 9R ラピスラズリ賞 B2(二) カーサノーヴァ(坂井英) 大井第2日 10R 節季特別 C1(四) ボヘミアン(石崎駿) なんでA.ムンロ乗ってくれへんねん。。。。

ブラックリバイバル初勝利

11時発走と思い込んで船橋競馬場に向かい、電車の中で出走表iPhoneで確認してびっくり。1Rの発走は10時半じゃないですか!船橋に着いたのが10時チョイ過ぎ、タクシーを飛ばして競馬場についたのが発走5分前でした。^^; バタバタと応援馬券を書い、直ぐにファンファーレ、発走、と思いきや。。。3号馬がゲートに入らない、入らない、入らない…で5分以上経過。先に入って待ってたらと思うとゾッとしますね。後入れの偶数枠でホント良かったです。 レースは出遅れ気味のスタートから中団を追走、直線入口までモタモタしてましたが、追われるとしっかり伸びで5馬身差の圧勝。単勝1.5倍に応える楽勝劇でした。1:18.0はご愛嬌、まだまだ伸びしろありそうだし大丈夫でしょう。(レース結果) [caption id="attachment_1604" align="aligncenter" width="320" caption="圭太くんお疲れ様、GJ"][/caption] 戸崎騎手「まだ心身ともに幼く仕上がり途上です。走ることがわかっていないため、ゲートを出てから進もうとしません。それでも勝つのですからキャリアを積んで体ができてきたら、相当走りそうですね。1200mの馬ではなく2000mくらいがベストではないでしょうか。将来が楽しみな一頭だと思います。」 レース後馬はケロッとしてあがって来ましたが、圭太くんはかなり追いどおしでお疲れの様子でした。 次はもっと長い距離使えるでしょうし、どんどん賞金加算してクラシック目指せるようになってくれるといいなぁ。 兎にも角にも、12月にして本年初の口取り。坊主は免れました^^;;

9回船橋出走予定

第4日 2歳未受賞 ブラックリバイバル(戸崎圭) ブラックリバイバルの2戦目です。初戦6着と賞金加算なしだったので未受賞戦へ。1200mはまだまだ距離不足の感アリですが、ここはサクッと初勝利をお願いしたいところです。

腸変異で手術…

アグネスショコラの10、予定日以外の近況更新、悪い予感しつつ見てみると… この中間も順調に直線走路での乗り込みを重ねていましたが、12月4日(日)朝に突然腹痛の症状を見せたため、獣医による診察、治療を行いました。診察では腸変位の疑いがあるということで、直ちに社台ホースクリニックへ移動し手術を行いました。 幸い腸の変位の程度は軽度のもので、手術も無事成功したようなので一安心ですが。うーん、この時期でまだ良かったと思うしか無いですね。

カーサノーヴァは3着

大井のプロキオン賞に出走したカーサノーヴァは3着でした。 パドックでは休み明けらしくお腹まわりが少々ポテッと。歩様を含めた馬の雰囲気は悪くなかったですが、予想以上の好走してくれました。 [caption id="attachment_1594" align="aligncenter" width="320" caption="やっぱり坂井英との相性は抜群"][/caption] 坂井騎手「休み明けで息遣いが重く仕上がり途上でしたが、体調は凄く良くなっていました。直線ではいい脚で伸びてくれたのですが、最後は止まってしまいましたね。2着に上がれなくてすみません。でも、次は勝ち負けの競馬になるので期待してください。」 賞金加算してB1に上がっちゃいました。メンバー的にはそう変わりないですが、年末の開催B1クラスでマイル戦が組まれてません。。おそらく1800m戦に回ると思いますが、これまで2着が最高で勝ち鞍のない距離なので…ちょっとツイてないな。

ボヘミアンは7着

ムンロを配して復活を期したボヘミアン。状態は良さそうに見えましたが、出遅れが響き7着でした。 [caption id="attachment_1590" align="aligncenter" width="320" caption="テキとムンロで何やら打ち合わせ?"][/caption] ムンロ騎手「ゲートの中で落ち着かず蹴っていたため、出遅れてしまいました。でも道中の感触は凄く良かったです。直線で外から馬がくると怯むところがあり、伸びきれませんでした。」 レース後検量室前に行くと、ムンロ騎手がオーナーだと気付いてくれて丁寧にレースを振り返って説明してくれました。いやーとってもいい人デス。その中で何度もGood Conditionと言って褒めてくれて、勝つ感触も掴んでくれたようです。森下師もまだまだ馬の状態は上昇途上とのことなので、次の年末の開催はちょっと楽しみですね。