アフタービートの11

せっかく牧場に行くのだからとちょっと気になってた地方入厩馬何頭か見せてもらいました。 [caption id="attachment_1749" align="aligncenter" width="320"] アフタービートの11(父アドマイヤジャパン)[/caption] アドマイヤジャパン産駒で募集された2頭のうち気になっていたのは、クラーベセクレタの下ではなくこっち^^; 血統を見れば、故前田先生ゆかりのビーバップの系統です。 シークレットルームの11に隠れて地味な安馬ですが、アフタービートの仔は様々なお父さんで殆ど中央を勝ち上がっています。 クズ馬は出さないが大物は出さないお母さんの典型でしょうか、でも中央で1勝級なら地方では大威張です。ホッカイドウで早期デビューして南関でB2かB3で走ってくれれば十分楽しめます。700万募集の地方入厩馬はオーナーズ、クラブ問わず走る子が出るという都市伝説もありますしね。 ということで電話してしまいました。アフタービートの11。新しく我が舎の仲間入りです。 なんで20口も残ってるんでしょうね。地方楽しむならこんな馬だと思うんですけど。なんてね。

ユーノーマイネーム

最後は門別競馬場へ行って問題児ユーノーマイネームの激励に。 [caption id="attachment_1743" align="aligncenter" width="320"] 連戦続きも脚下は大丈夫[/caption] 連戦が続いてますが、脚下は問題なし。ただ流石に飼い葉食いがちょっと落ちてきているとか。 田中先生も「難しい馬ですがどこかで勝てるでしょう」ということなので、ユーノーマイネームにはひと踏ん張りして夏を乗り切ってもらいましょう。 [caption id="attachment_1744" align="aligncenter" width="336"] 頑張ってね[/caption] お忙しい中対応頂いた田中淳司調教師ありがとうございました!

ロージーチャームの11、ソンリエンテ

午後は、追分Fとリリーバレーへ。 まずは、ロージーチャームの11。 [caption id="attachment_1737" align="aligncenter" width="320"] このまま順調に[/caption] こちらは何も言う事なし。ツアーで見た時の印象そのまま。このまま順調に行って欲しいです。 そしてリリーバレーのソンリエンテ。 [caption id="attachment_1738" align="aligncenter" width="320"] うっすら銭形も見え体調もよさそう[/caption] 4月に見たときは皮膚病が出ていましたが、銭形がうっすら出て体調も良さそうでした。 秋の入厩まであと少し、リリーバレーの坂道でしっかりと基礎体力をつけてください。

ヴェルザンディの11

日曜日はファイブタブレットのデビュー戦観戦のため札幌行きを予定していましたが、まさかの出走回避。航空券キャンセすするのもなぁ…ということで牧場見学に行って行きました。 先ずはNF-Yearlingでヴェルザンディの11とご対面。 [caption id="attachment_1732" align="aligncenter" width="320"] ヴェルザンディの11[/caption] 雨のツアー2日目で殆ど見ることができなかった仔です。 「NFではタニノギムレットで結果出てないんであの価格になったけどまさかビワハイジの11より人気になるとは…」 「私、フィエラメンテ持ってました^^;」 「いやぁ、あれは走ると思ってたんですが…」 「小柄だけど、放牧地では常に先頭走ってますよ」 と会話しつつ。動かしてもらうと、なるほど歩き出しにバネを感じます(既に親ばか入ってます)。 [caption id="attachment_1733" align="aligncenter" width="337"] 流星、フィエラメンテとよく似てますね[/caption] あとは競馬に行ってちゃんと走る方に気が行く仔に育ってくれれば(切実)。

放牧

ファイブタブレットは結局放牧 きょう21日(土)にあらためて状態を確かめた矢野英一調教師より報告がありました。右の臀部にできた血腫の回復は早く、固まりは徐々に下がって、ほぼなくなりつつあります。歩様チェックで左右に廻してみたところ問題はなく、あすからでも運動ができそうな状況です。ただ、ぶつけた箇所の奥の筋繊維にダメージが及んでいることも考えられることから、社台Fスタッフとも協議して、ここでは無理せずにいったん放牧休養をはさむことに決定しました。あす7月22日(日)に社台Fへ放牧に出ることにします。 ここは馬第一、慎重にで放牧大いに結構ですが、じゃ、なんで転倒した時(チェックはしたんだろうけど)追い切りしちゃったんですかね。 ぶつけて暫くたって内出血って人間でもよくありますよね?やっぱり現場の人間の配慮が足りないのでは?と思っていまいますね。 追記 きょう23日(月)は、臀部の腫れは小さくなっていて、歩様に違和感もなかったことから、午前と午後1時間ずつウォーキングマシンによる運動を行いました。 とりあえず、一安心。

なんだそりゃ

ファイブタブレット、デビュー延期の模様です。 今週7月22日(日)札幌・新馬戦(ダート1700m)でのデビュー・出走を目指して調整をおこなってきましたが、回避することになりました。きょう(水)の最終追い切り前にコース上で立ち上がり、尻もちをつくようなかたちになりました。直後の馬体チェックでは問題はなく、そのままダートコースで54.4-39.9-12.3秒の時計をマークし、一旦はデビューへのゴーサインが出ました。その後、厩舎へと引き揚げたあとに再度馬体のチェックをおこなったところ、右の臀端部に内出血の症状があり、痛みが出てきている状態でした。そのため今週のデビューは見送り、治療を続けながら今後の予定を組み立てていきます。 こんなの初めてですわ。完全に人災でしょ。

今週の出走予定

7/15 新潟8R マイネフェリックス(柴田大) 田中調教師「前走前の追い切りではふわふわしてしまって意図したタイムが出ず、レースに行ってラストで失速したのはその影響があったかもしれません。今回はリードホースを置いて追い切っていて、この馬にしては動いたようにレースでガラッと変わっても不思議ではありません。力はある馬ですし、何とか巻き返して欲しいと願っています」 調教もそうだけど、やっとやっとやっと丹内地獄からの脱出。 今回はもうそれだけで十分です(笑) ここで権利とって牝馬限定へ。去年の春の走りが出来ればここでも勝負になるはずなんだけど。

また文男様にやられた

直線突っ込んできたときは勝ったと思ったんだけどなぁ。 スタールビー賞 B2(一) 12.7-12.2-13.0-12.8-12.4-12.6-12.6-12.7 流れてるように見えてスローで上がり3F37.9。カーサノーヴァも上がり最速37.4で来てるんだけど。 前走に続いて捉えられなかったのは前にいた文男様。。。 [caption id="attachment_1711" align="aligncenter" width="320"] 惜しくも2着[/caption] 坂井騎手「今日はペースが遅すぎました。向正面で動くことも考えたのですが、馬群がかたまっていて、5頭分くらい外を回ることになるため直線勝負にかけました。良く伸びてくれているのですが、レースの上りが速すぎて差し切れませんでした。申し訳ありません。」 堀調教師「太りやすい体質の馬なので、夏場のほうが馬体が絞れて動けます。もう少しで勝てるところなのですが、いつも展開が厳しいです。次も大井の1600mになるでしょう。」 調子も良さそうなので夏の間に1つ勝ち星が欲しいな。

カーサノーヴァ50戦目

大井第5日12R スタールビー賞 B2(一) カーサノーヴァ(坂井) カーサノーヴァ元気に50戦目です。2歳の夏からコンスタントに走って6勝。一昨年の秋から1年半以上勝ち星には恵まれていませんが、ここは頭数的にもメンバー的にもチャンスのある組み合わせ。 後ろから行く馬なので展開、馬場に左右されますが、久しぶりの美酒を味わいたいものです。

連闘も3着

ホッカイドウ競馬、門別。連闘で出走したユーノーマイネームですが、今回も出遅れて直線だけ追い込んで3着。 阿部騎手「スタートで遅れて後方からとなり、道中は霧の影響もあり、馬群を捌ききることができませんでした。直線ではすごい脚を繰り出してくれただけに、前半のロスが悔やまれます」 これで、3着賞金18,000円を加えて賞金は411,000円。 南関転入条件の150万までは遠いなぁ。。と思ってたらなんと、特例転入制度というものが出来たらしく50万賞金あったら南関に転入できるらしい。 あと1回勝てば、制裁を受けて(2011/8/24)から1年経てば南関に転入できるということなので、ちょっとだけ未来が見えてきました。