ユーノーマイネーム引退

船橋のユーノーマイネームは、17日のC3戦に出走するも全くいいところ無しの12着。 この結果を受けて引退とあいなりました。 せっかく後方から差す競馬をホッカイドウで覚えて南関にやってきたのに、全く台無しにされた感があります。 調教師、騎手ともに一生懸命いろいろやってくれていたようですが、ホッカイドウの流れを受けてというよりは、自分たちのやり方でむちゃくちゃにしてしまった印象が否めません。 これもホッカイドウで50万しか稼げず、入厩先を選べる状況に出来なかった馬の実力が無かったということでしょう。 牧場の大きな期待を背負ってデビューした馬ですが、ホッカイドウの能力試験で五十嵐冬樹に理不尽な幅寄せをされる不利を受け、馬に大きな精神的ダメージを負わせたのは確かでしょう。デビュー戦の失格も含め運がなかった、馬に実力が無かったといえばそれまでですが、2歳馬の能力試験で何故にあれほどまでの事をやるのかは甚だ疑問です。 ユーノーマイネームにはいろいろ夢をみさせてもらいました。

函館2歳S結果

まずは、函館2歳Sに挑戦したヴァイサーリッターは追い込むも7着。 大外枠は不運でしたが。黛くんももうちょっと思い切った騎乗をして欲しかったところ(全然腹決まってない^^;)。 クリスマスについていくか、下げるならもっと下げて最内付くとかね。 でも差す競馬が出来たのは収穫でしたね。あれだけ外外回っての7着なら次走以降期待できるでしょう。 黛騎手「大外枠だったため中途半端に前に行っても外を回らされますので、腹を決めて後方からの競馬を選択しました。直線に入って前の馬がヨレて外に振られる不利がありましたが、しっかりと脚を伸ばしてくれました。内目の枠で上手く立ち回ることができれば、上位にはこれたと思います。今日は初めて後方からの競馬になりましたが、問題有りませんでしたし、この馬にとっては良い経験になったと思います」 尾関調教師は「今日のレースは大外枠につきると思います。後方からの競馬でもしっかりと走れていましたし、直線でも脚を伸ばしていただけに、もう少し枠が良ければ、という感じです。中1週が続き今日で3戦目になりましたが、元気でタフな馬です。今後は1度美浦に戻して状態を確認した後、ノーザンファーム天栄に放牧に出したいと思います」

函館2歳S

えーっと、いつ以来の中央重賞出走だろう。。ヴァイサーリッターが函館2歳Sに挑戦です。 上積みありそうな調教で内枠引いてうまく立ち回ればと思ってたら大外orz 隣に断然人気になりそうなクリスマスがいるので、マークしていく感じかな。 鞍上は前走に引き続き黛くん。ここは気楽に頑張って欲しいですね。 勝ってお手馬にしちゃってもいいんだよ〜

ユニバースの11

ポチッ 今になって12年産じゃなくて11ですか?^^;; ゾネブルム(父マツリダゴッホ、母ユニバース) Zonnebloem/蘭(ひまわり。父名よりゴッホにより描かれた絵画名を連想) 以前から気になってたノルマンディーOCのマツリダゴッホ産駒です。上にはバトルブレーヴ、ツーデイズノーチスがいる牡馬で1400万募集ならということで、新馬戦でのマツリダゴッホ産駒の走りを見てからの後出しジャンケン出資です。 [caption id="attachment_1973" align="aligncenter" width="450"] ゾネブルム(父マツリダゴッホ、母ユニバース)[/caption] 厩舎は、え?また尾関厩舎ですか(笑)?

ヴァイサーリッター快勝

函館1R、2歳未勝利戦で2戦目を迎えたヴァイサーリッター、ポンとハナを切って快勝。 我が舎の2歳勢としても嬉しい初勝利をあげました。 スタートちゃんと出て、馬なりでハナ。あとは黛くんがうまくリードしてくれました。 黛くんありがとう! 良いスピード見せてくれてますし、今後も短距離戦で楽しませてくれそうです。 さて、中1週で函館2歳S。馬の状態次第ですがせっかくの1200m重賞だし行ってほしいな。 陣営の判断や如何に。

ストロングジーンデビュー

期待馬ストロングジーンが川崎でデビューしましたが、惜しくも2着でした。 [caption id="attachment_1965" align="aligncenter" width="450"] 真島くんを背に本馬場入場[/caption] スタートもさっと出て、最後方。ずっと追いどおしで追い上げるも2着までという競馬。900m戦なので負けるとしたらこんな負け方だろうという想定内、というか負けて強しの競馬をしてくれました。 親ばか馬主的には、ナリタブライアンの高松宮記念を思い出しました。 スタートは真島くんに言わせると、馬が幼くて横の馬と並ぼう、引っ付こうとして、(並んだ位置から)前に出ないと。 この辺りは次走への課題でしょうかね。 でも、あれだけ追いどおしで最後たれること無く伸びてたのは素質の片鱗かな。目標はあくまでも南関クラシックなので変にスピード見せて900m戦で走っちゃうより良かったと思ってます(強がりw)。

マンハッタンセレブの12

中央の新しい仲間のマンハッタンセレブの12です。 [caption id="attachment_1960" align="aligncenter" width="450"] 漆黒の好馬体[/caption] ダマスクローズの12とは逆に、ここまで人気なるとは思ってませんでした。 ツアーではまだ小雨が降っていた時間帯。ただでさえ良く見える青鹿毛の馬体が雨に濡れて3割増。気に入られた方が多かったのでしょうか。 私の場合、ツアーの際、見物人の雨合羽のカサカサ音で煩くなる馬が多い中、堂々としている黒い馬が目につきました。惹きつけられるように見に行ったその馬がマンハッタンセレブの12。彼女の堂々とした立ち振る舞いに一目惚れ、馬体をよく見てさらに惚れ込みました。 前半戦のツアーでは見物人に驚いて煩いところを見せていたらしいですが、学習能力があるということにしておきましょう(笑)。 [caption id="attachment_1961" align="aligncenter" width="450"] ずっといい仔にしてました[/caption] 11年産のママアルパ、ヴァイサーリッターに続き、3頭目の尾関厩舎。我が舎の浮沈は尾関さんにかかってます。 姉のセレブリティモデルのようにクラシック行けたらいいな。

ダマスクローズの12

地方馬の新しい仲間、ダマスクローズの12(父スニッツェル)です。 [caption id="attachment_1956" align="aligncenter" width="450"] 短距離戦での活躍を期待しています[/caption] しかしここまで人気がないとは。確かに地味ですけどね。 兄のダマスクインゴッドは今年社台地方オーナーズ馬として初めてスーパーフレッシュチャレンジに出走。確勝級と言われ僅差の2着。その後アタックチャレンジは順当勝ちし、OPでも僅差の2着と早くから走ってるんですけどね。 この仔は父がスニッツェルにかわって短距離馬になりそうですが、兄同様早くからの活躍を期待しています。

社台ドラフト結果

中央 6マンハッタンセレブの12 ○ 地方 324ダマスクローズの12 ○ 地方は満口ならず確定していたのですが、中央は最終的にマンハッタンセレブの12が社台人気2位まで上昇したのでちょっとドキドキでした。 なんとか取れて良かった〜